もぐらのもぐ インターネット絵本←こちらからリンク
So-net無料ブログ作成

メモ

ダルトン
ニューヨーク
テムズ川

その矛盾点

近日中に・・・・ [太陽活動低下問題]

近日発表するのは太陽120年周期と防災について。

太陽活動に120年の周期があるとなると人類にとって新たなスケールが登場することになります。

https://mogura-no-mogu.blog.so-net.ne.jp/2017-11-21
↑↑↑大周期の根拠

その新スケールに基づいた防災計画ついて発表することとなります。

おそらく・・・2022年~2144年が次の太陽の大周期になります。
その120年の間に起こりうる周期性が考えられる天災がいくつかあります。

誤差は数十年~といったところですが国家として超長期の防災計画を策定したりする事ができるのでは?

南海トラフ地震。前回は1944年付近。その100年後は2044年。すると次の大周期内で発生する確率が高い。

関東大震災クラスの相模トラフ地震は200年くらいの周期性との事ですから・・・1913年の200年後は・・・・2213年。次の太陽大周期内で起こりえなくはないですね。

相模トラフとは異なるシリーズとして南関東直下型地震も周期性があると考えられており、それに関しては次の大周期内で起こってしまうのではないでしょうか?

北海道沖海溝型巨大地震はおそらくは次の大周期内で発生してしまうでしょう。

このように120年というスケールが登場するとこのような考え方がおのずと出来るようになります。

そんなことを正式まとめて公開予定です。常識的に考えて、とのコンサバティブなフィルターで考えられる事になります。


もぐらのもぐフリー画像 [もぐらのもぐ関連]

もぐらのもぐフリー画像です。

みんなで使ってね♪

tatemogu_72dpi.jpg

たてもぐ:たてに穴をほるのが得意な子

yokomogu_72dpi.jpg

よこもぐ:よこに穴をほるのが得意な子

他の画像もどうぞ

もぐらのもぐ公式サイトにはプリントクオリティ(350dpi相当)のデータもあります。

続きを読む


【ほぼ解明】地球寒冷化?ミニ氷河期?太陽活動低下&黒点減少とは何か?現在の様子・2018、さらに2019は?わかりやすく。 [太陽活動低下問題]

このぶろぐの広告は無料プラン利用の為にso-net社が表示させているものであり、広告収入はso-net社にあります。


English
https://mogura-no-mogu.blog.so-net.ne.jp/2019-02-15-discover-120-year-cycle

※図版追加、より分かりやすく加筆あり。ご好評を頂いております。ありがとうございます。

先に言っておきますが・・・・・
公開が遅れている『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||(第四作目)』よりも楽しめる記事かも!?m9(`・ω・´)っ
(庵野監督には申し訳ないですが・・・・)

日本史が大好き!そんな方なら尚更楽しめるでしょう。日本史は太陽活動と密接な関係があります。

西暦2019年3月21日にインターネット絵本もぐらのもぐ、そしてこのぶろぐは公開から10周年。
今回発表の内容は10周年特別企画として気合を入れてみました。

二つほど事前報告。

僕はいわゆる定型発達者になります。常識の理解、常識的な思考が出来ることを臨床心理検査で確認済みです。すなわち今回のプレゼンテーションは常識的理解の集合体となります。今の時代にこの件の確認は科学に関する情報の発信者として必須と思われますので告知しておきます。

冒頭において伝えておくべき最大の注意点は、太陽観測による科学データや気候観測データは近代以降のものしか存在しません。それを補う為に史実の出来事や古い記録を用いており、科学データ + 歴史資料を包括した発表となります。

それでは世界に広がるガセネタから解放して差し上げましょう。

常識的な考察で、最大限ありえるシナリオにて・・・・・・!!

変身・・・・・ッ!

musked-rider-v3mogu01.jpg
『謎のライダー』

『もぐらのもぐ作者ぶろぐ』の『さくしゃ』がある病で療養(りょうよう)に入るとの事で、今回は俺がプレゼンテーションをリードする。

俺はあいつのように優しくはない。少々辛口でな・・・・・。いつもの調子とは異なる事を覚悟してくれ。真実を知るには無情でなければならない。研究は日常生活のように忖度(そんたく)など必要ないからな。

今日は

『太陽活動低下による地球寒冷化』

この件について分かりやすく解説する。


この問題に関して情報が錯(さく)そうしており、どの情報が本当か?分からないよな。

世界各地のチビッ子やママさん達から太陽活動の低下による地球寒冷化を心配している声が多く届き、本格的に研究し始め間もなく2年。ようやく人類に向けて発表できるところまで辿りついた。まだまだ研究は続いているがおおよその全体像の把握が出来た。

いつもの通り『ぱぱもぐ』そして『かえるさん』にプレゼンテーションしてもらおう。

『ぱぱもぐ』は、もぐらのもぐインターネット絵本の世界にて教授を務めている。
『かえるさん』は同じ世界で博士を務めている。
共にこの問題についてよく研究してくれているキャラクターだ。

俺たちは皆の味方だ。この研究は地球を救うためのヒーロー活動の一環だ。

さっそく始めるか・・・・・『ぱぱもぐ』そして『かえるさん』よろしく・・・・・。

先に言っておくが・・・・遅かれ早かれ、いずれ人類は滅びる。だから絶望のラストを迎えるような事になっても失望しないでくれ。勇気が無い者はここで立ち去って妄想世界に引きこもるのも良いだろう。どんな結論が待っていようと現実世界に生きる勇気がある者のみ残ってくれ。

参考として・・・・世間のミニ氷河期人類危機説の一例

理化学研究所・戎崎俊一主任研究員
「ミニ氷河期とはいえ、本格化すれば北海道まで氷河が押し寄せ、アメリカは五大湖まで氷に覆われる。欧州も壊滅的です。穀倉地帯の大部分で収穫が不可能になり、食糧危機は必至です」
引用元https://news.infoseek.co.jp/article/postseven_488511/

元NASA上級研究員・桜井邦朋博士
「世界の穀倉地帯や漁場が変動する影響で、世界人口80億人のうち、約20億人が飢餓と病気で死亡する危険性があります。とくに日本のように食料自給率が低い国はその影響を強く受け、国家存立さえ危うくなるかもしれません」
引用元https://news.infoseek.co.jp/article/postseven_488511/

これは大変な状況だ・・・・


papamogu.jpg
『ぱぱもぐ』

さっそくですがプレゼンテーションを開始しましょう。

みなさんこんにちは。『謎のライダー』さんは現実的で己に厳しいキャラクターです。それは人類を守り戦い抜いてきた戦士だからこその貫禄(かんろく)です。今回はいつもの『ゆるふわもぐらのもぐワールド』とトーンが異なりますが、人類にとって大変重要な話題となりますので、『謎のライダー』さんと一緒に進めるのは良い事だと思います。ただし我々はさほど深刻には考えていません。
 お腹が大きい妊婦さんもアクセス者さんの中にいらっしゃると思います。これからママやパパになる皆さんも心配されて検索されたのだと思います。ですから結論を先に言っておきます。この世の終末のような状況になんてなりません。史実の出来事を根拠にお伝えしていきます。史実にはそのような記録は残っていません。冒頭の極端な説は何を根拠に算定したのか?不明です。少なくとも客観性があるとは思えません。

さて

まず、みなさんの中に存在する太陽活動低下による地球寒冷化に関する情報を一度忘れてください。ゼロから話していきます。

実はそんなに難しい話ではないので安心して下さい。

続きを読む


中国すごいわ

うーん。

中国は本当にすごい国。
http://www.naito-sec.co.jp/chinap/ch_stop_ago.aspx
内藤証券発表の中国株取引停止銘柄の情報一覧
一週間の履歴でこの情報量……

株式市場に見える他の何か。

株価下落を売買停止として意地でも阻止。
こういうのをコロンブスの卵というのでしょう。

共産主義がベースの資本社会だからこそできるねじ伏せ手法。

大暴落寸前でコントロールしている訳です。

原子力発電所でいえば大爆発寸前まで臨界を続けさせている状態。
こんな状態になり始めて5年くらい経ちますよね?

凄まじいとしか言いようがないですね。

ここで終わるような中国ではないはず!

さらにありえないような驚愕のねじ伏せでまだまだ極限の臨界状態を継続させるはず。

国民の財産全没収!なんて荒技もありえるか?
逆らう者はその場で処刑・・・・・

しかも臓器を

っとこの辺で止めておきましょう。

ではまたノシ