もぐらのもぐ インターネット絵本←こちらからリンク
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
太陽活動低下問題 ブログトップ
前の10件 | -

一応ご報告 [太陽活動低下問題]

みなさん、当もぐらのもぐ作者ぶろぐにいつもアクセスして下さりありがとうニャ

えっとですね、例の太陽活動に関する記事にメールを頂くこと多々
元研究職というお堅い方々からもメールを頂きまして、
「とんでもない発見の可能性があるから国の機関にあなたかた一報入れるべし」
とのアドバイスを数度頂きまして、かなり砕けたトーンなので恐縮ですが、
まあ、そうですよね。それは必要な事ですよね。


続きを読む


【ほぼ解明】地球寒冷化?ミニ氷河期?太陽活動低下&黒点減少とは何か?現在の様子・2018、さらに2019は?わかりやすく。 [太陽活動低下問題]

このぶろぐの広告は無料プラン利用の為にso-net社が表示させているものであり、広告収入はso-net社にあります。


※図版追加、より分かりやすく加筆あり。ご好評を頂いております。ありがとうございます。
※関連重要ワードで1位表示。日々アクセス数が増えております。アクセスありがとうございます。海外、特に北半球の高緯度地域のアクセス者さんもいらっしゃいます。在外邦人さんでしょうか。
google-analytics.jpg
※グーグルアナリティクスより180日分のデータ・2018.11.4時点で約1万3千ページビュー・科学記事にてこの数字はアクセスが大変多いと評価できる



先に言っておきますが・・・・・
公開が遅れている『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||(第四作目)』よりも楽しめる記事かも!?m9(`・ω・´)っ
(庵野監督には申し訳ないですが・・・・)

日本史が大好き!そんな方なら尚更楽しめるでしょう。日本史は太陽活動と密接な関係があります。

西暦2019年にインターネット絵本もぐらのもぐ、そしてこのぶろぐは公開から10周年。
ちょいと早いですが10周年特別企画として気合を入れてみました。

それじゃあ、始めましょうか・・・・・・

世界に広がる洗脳から解放して差し上げましょう。

変身・・・・・ッ!

musked-rider-v3mogu01.jpg
『謎のライダー』

『もぐらのもぐ作者ぶろぐ』の『さくしゃ』がある病で療養(りょうよう)に入るとの事で、今回は俺がプレゼンテーションをリードする。

俺はあいつのように優しくはない。少々辛口でな・・・・・。いつもの調子とは異なる事を覚悟してくれ。真実を知るには無情でなければならない。研究は日常生活のように忖度(そんたく)など必要ないからな。

今日は

『太陽活動低下による地球寒冷化』

この件について分かりやすく解説する。


この問題に関して情報が錯(さく)そうしており、どの情報が本当か?分からないよな。

 世界各地のチビッ子やママさん達から太陽活動の低下による地球寒冷化を心配している声が多く届き、本格的に研究し始め間もなく1年。ようやく人類に向けて発表できるところまで辿りついた。

いつもの通り『ぱぱもぐ』そして『かえるさん』にプレゼンテーションしてもらおう。

『ぱぱもぐ』は、もぐらのもぐインターネット絵本の世界にて教授を務めている。
『かえるさん』は同じ世界で博士を務めている。
共にこの問題についてよく研究してくれているキャラクターだ。

俺たちは皆の味方だ。この研究は地球を救うためのヒーロー活動の一環だ。

さっそく始めるか・・・・・『ぱぱもぐ』そして『かえるさん』よろしく・・・・・。

先に言っておくが・・・・遅かれ早かれ、いずれ人類は滅びる。だから絶望のラストを迎えるような事になっても失望しないでくれ。勇気が無い者はここで立ち去って妄想世界に引きこもるのも良いだろう。どんな結論が待っていようと現実世界に生きる勇気がある者のみ残ってくれ。


papamogu.jpg
『ぱぱもぐ』

『謎のライダー』さん了解しました。

 みなさんこんにちは。『謎のライダー』さんは現実的で己に厳しいキャラクターです。それは人類を守り戦い抜いてきた戦士だからこその貫禄(かんろく)です。今回はいつもの『ゆるふわもぐらのもぐワールド』とトーンが異なりますが、人類にとって大変重要な話題となりますので、『謎のライダー』さんと一緒に進めるのは良い事だと思います。

まず、みなさんの中に存在する太陽活動低下による地球寒冷化に関する情報を一度忘れてください。ゼロから話していきます。

続きを読む


宇宙の果ては? [太陽活動低下問題]

宇宙の果てはどうなっているのか?

続きを読む


太陽活動関連の用語を再考すべき?の巻 [太陽活動低下問題]

papamogu.jpg
『ぱぱもぐ』

みなさんこんにちは。

太陽活動関連記事を楽しみにして下さっているアクセス者さんが300人程度いらっしゃるはずとの報告がありました。という訳で定期的に関連記事を公開していこうと思っております。
(検索で新規に来訪して下さる方とは別に常連さんとして)

今回は・・・・シューペラー極小期、マウンダー極小期、ダルトン極小期、などの『極小期』という用語が適切なのか?考えてみたいと思います。

続きを読む


nice!(2) 

エルニーニョ、ラニャーニャ現象についてコメント [太陽活動低下問題]

※書きかけ

エルニーニョ、ラニャーニャ現象についてどう考えますか?とのメールをこれまで2通ほど頂いております。

2017-11-21
↑↑↑こちらにお目通し頂いているという事を前提に話を進めていきます。


どうも軸が定まっていないフワフワした話ですよね?

要は、西暦1993年の東北地方の冷夏の原因はエルニーニョであり、
『天明の飢饉』や『天保の飢饉』の主因もエルニーニョが発生していた、という事だそうですが、という事は・・・・偏西風の蛇行はエルニーニョ現象が原因と指摘しているに等しい事になります。

続きを読む


偏西風蛇行の理由は?原因は?太陽活動の変動の可能性・分かりやすく [太陽活動低下問題]

papamogu.jpg
『ぱぱもぐ』

みなさん、こんにちは。
本日は・・・・

偏西風蛇行は太陽活動の変動から発生している可能性

この件についてプレゼンテーションします。

今回お伝えする事実は「史実の出来事と密接に結びついている」のです。特に日本人の皆さんなら受け入れやすい説になっております。

さっそく始めましょう。

続きを読む


太陽活動の変動と大気還流・補足 [太陽活動低下問題]

papamogu.jpg
『ぱぱもぐ』

https://mogura-no-mogu.blog.so-net.ne.jp/2017-11-21
上記リンク記事の補足になります。

現時点で報告しておくべきポイントについてまとめます。

続きを読む


太陽活動の変動と大気還流 つづき [太陽活動低下問題]

https://mogura-no-mogu.blog.so-net.ne.jp/2017-11-21
上記リンクの続きになります


musked-rider-v3mogu01.jpg
『謎のライダー』


今日の最後に・・・・もう一つ教えてくれ・・・・『マウンダー極小期』について・・・・
tv-tokyo-fig-rider-01.jpg
西暦1600年頃から黒点観測の歴史があると教わった。そして、観測が始まってすぐに黒点が極端に現れない時代『マウンダー極小期』が約70年訪れたという・・・・。

『マウンダー極小期』はメディアなどでは『ミニ氷河期』と呼ばれている。

次のサイクル25以降はミニ氷河期に突入するという指摘もある。

 この期間は人類激減の危機があったと聞く。和製インディージョーンズと呼ばれる某教授が民法の番組でマウンダー極小期やミニ氷河期について不安を覚えざるを得ないような解説をしていた。氷河期到来と人類の危機を唱える第一人者といえる著名な教授だ。まさかまともに事前調査していないなどないだろう。当然に確たる根拠があるから自信を持って民法の番組などで訴えていると思うが・・・・長期的な経済や出生率など世界のビジネスや文化活動に関わる大きなテーマだ。確たる証拠もなく危機を煽るなど悪影響でしかない。情報テロリストと言われかねない。だからこそ某教授はベストを尽くした調査とデータを踏まえて発言しているはずだ。某教授は確たる根拠を前提に発言しているはずだ。するとマウンダー極小期はいわゆる『地球寒冷化』が起こっていたはずだと俺はそう信じているが・・・・

こんなネット記事もあったな
「ミニ氷河期とはいえ、本格化すれば北海道まで氷河が押し寄せ、アメリカは五大湖まで氷に覆われる。欧州も壊滅的です。穀倉地帯の大部分で収穫が不可能になり、食糧危機は必至です」(×××研究所・××××主任研究員)
引用元https://news.infoseek.co.jp/article/postseven_488511/

実際はどんな事が起こっていたのか?アクセス者さんも関心が高いトピックスのはず。

続きを読む


太陽活動と『ええじゃないか』 [太陽活動低下問題]

江戸時代に流行した『ええじゃないか』。

太陽黒点観測数のピークで発生しています。
理由は不明です。

そんな事を現在記事化中です。

今回の発見に関しては偶然の産物だと思われます。
そして『お蔭参り』が太陽黒点数の極大期付近にてブームが起こっていたようにみえるがそれははぜか?
なぜ約60年間隔だったのか?検討しない訳にはいきません。

最終的には関係無しという結果に辿りつくかもしれませんが・・・・

こんな事が考えられるのでしょうか?

当時は現在以上に太陽活動の影響が収穫に現れていたでしょう。当時にも天才は多く生きていました。収穫データを基に豊作期という太陽活動が活発的な時期を見抜き、その豊作期が永遠に続くようにとお蔭参りを世間に先導していたのかもしれません。





前の10件 | - 太陽活動低下問題 ブログトップ