もぐらのもぐ インターネット絵本←こちらからリンク
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

太陽活動関連の用語を再考すべき?の巻 [太陽活動低下問題]

papamogu.jpg
『ぱぱもぐ』

みなさんこんにちは。

太陽活動関連記事を楽しみにして下さっているアクセス者さんが300人程度いらっしゃるはずとの報告がありました。という訳で定期的に関連記事を公開していこうと思っております。
(検索で新規に来訪して下さる方とは別に常連さんとして)

今回は・・・・シューペラー極小期、マウンダー極小期、ダルトン極小期、などの『極小期』という用語が適切なのか?考えてみたいと思います。

続きを読む


nice!(2) 

当ぶろぐ人気記事まとめ [もぐらのもぐ関連]

このぶろぐは、2018年3月21日に9周年をむかえました。

それなりに長く更新してきているので人気記事があったりします。ここでまとめておきましょう。

検索エンジン経由で訪れた方に、インターネット絵本もぐらのもぐ をPRする目的で更新しているので、読み物系の記事が多くなっております。

続きを読む


エルニーニョ、ラニャーニャ現象についてコメント [太陽活動低下問題]

※書きかけ

エルニーニョ、ラニャーニャ現象についてどう考えますか?とのメールをこれまで2通ほど頂いております。

2017-11-21
↑↑↑こちらにお目通し頂いているという事を前提に話を進めていきます。


どうも軸が定まっていないフワフワした話ですよね?

要は、西暦1993年の東北地方の冷夏の原因はエルニーニョであり、
『天明の飢饉』や『天保の飢饉』の主因もエルニーニョが発生していた、という事だそうですが、という事は・・・・偏西風の蛇行はエルニーニョ現象が原因と指摘しているに等しい事になります。

続きを読む


偏西風蛇行の理由は?原因は?太陽活動の変動の可能性・分かりやすく [太陽活動低下問題]

papamogu.jpg
『ぱぱもぐ』

みなさん、こんにちは。
本日は・・・・

偏西風蛇行は太陽活動の変動から発生している可能性

この件についてプレゼンテーションします。

今回お伝えする事実は「史実の出来事と密接に結びついている」のです。特に日本人の皆さんなら受け入れやすい説になっております。

さっそく始めましょう。

続きを読む


今日は杉並区でもぐらのもぐ会議 [もぐらのもぐ関連]

うーん。

生きてて良かった!

そんな日になりました。




ジャイアントセコイア速報2018年10月2日 [ジャイアントセコイアのはなし]

ジャイアントセコイアを日本で育てること。

それは容易ではないとの情報が溢れています。

既存の情報を全て疑い、ゼロから様々な実験を重ねた1年。
今回公開する方法で栽培すれば育てやすいでしょう。

全て僕が実験し実証した事のみを掲載します。
聞いた話の類は一切掲載しません。

これまでネット界隈で公開されていた情報とは全く異なる内容です。

※画像が暗かったので撮り直します。

gigant-2018-1002-01.jpg

※画像は今年2月に発芽した子達です。

結論を淡々と公開します。

続きを読む


太陽活動の変動と大気還流・補足 [太陽活動低下問題]

papamogu.jpg
『ぱぱもぐ』

https://mogura-no-mogu.blog.so-net.ne.jp/2017-11-21
上記リンク記事の補足になります。

現時点で報告しておくべきポイントについてまとめます。

続きを読む


太陽活動の変動と大気還流 つづき [太陽活動低下問題]

https://mogura-no-mogu.blog.so-net.ne.jp/2017-11-21
上記リンクの続きになります


musked-rider-v3mogu01.jpg
『謎のライダー』


今日の最後に・・・・もう一つ教えてくれ・・・・『マウンダー極小期』について・・・・
tv-tokyo-fig-rider-01.jpg
西暦1600年頃から黒点観測の歴史があると教わった。そして、観測が始まってすぐに黒点が極端に現れない時代『マウンダー極小期』が約70年訪れたという・・・・。

『マウンダー極小期』はメディアなどでは『ミニ氷河期』と呼ばれている。

次のサイクル25以降はミニ氷河期に突入するという指摘もある。

 この期間は人類激減の危機があったと聞く。和製インディージョーンズと呼ばれる某教授が民法の番組でマウンダー極小期やミニ氷河期について不安を覚えざるを得ないような解説をしていた。氷河期到来と人類の危機を唱える第一人者といえる著名な教授だ。まさかまともに事前調査していないなどないだろう。当然に確たる根拠があるから自信を持って民法の番組などで訴えていると思うが・・・・長期的な経済や出生率など世界のビジネスや文化活動に関わる大きなテーマだ。確たる証拠もなく危機を煽るなど悪影響でしかない。情報テロリストと言われかねない。だからこそ某教授はベストを尽くした調査とデータを踏まえて発言しているはずだ。某教授は確たる根拠を前提に発言しているはずだ。するとマウンダー極小期はいわゆる『地球寒冷化』が起こっていたはずだと俺はそう信じているが・・・・

こんなネット記事もあったな
「ミニ氷河期とはいえ、本格化すれば北海道まで氷河が押し寄せ、アメリカは五大湖まで氷に覆われる。欧州も壊滅的です。穀倉地帯の大部分で収穫が不可能になり、食糧危機は必至です」(×××研究所・××××主任研究員)
引用元https://news.infoseek.co.jp/article/postseven_488511/

実際はどんな事が起こっていたのか?アクセス者さんも関心が高いトピックスのはず。

続きを読む