もぐらのもぐ インターネット絵本←こちらからリンク
So-net無料ブログ作成

ネタバレ無 天気の子 観てきたよ [えいがのはなし]

公開日に観る事になっていたけど体調不良で見送りに

そして

やっと昨日に行く事が出来ました。その日のスケジュールの都合から、
ユナイテッドシネマ若葉にて10:50分の回から。

本当に素晴らしい映画でした。

二年前から本科的に太陽活動と気候変動の研究をして
世界に向けて必死にメッセージを送ってきました。
今回の天気の子で新海誠監督が世界へ伝えようと思っていたメッセージ


その、メッセージの『エッセンス』が全く同じだった・・・・


こちらの発表をすでに知っていて、天気の子を観た人は
きっと、はっとするものがあったと思います。


───────────────────────────────────

新海誠監督もまた巨匠クラスの天才。その天才が突き詰めて考えて出した
「この世界の理解」。それは、もぐらのもぐ太陽活動気候変動研究プロジェクトチームが
出した理解と『エッセンス』が同じだった・・・・・

先日更新した記事の通り、僕はある巨匠クラスのアニメ監督と会談させて頂いていました。
アニメ監督は総合力が優れた神クラスの人々の職業なのだとあらためて知った直後の視聴で、
新海誠監督もまたどんだけ天才なのだと衝撃を受ける映画でした。

僕は、現在世に溢れている「この世界の理解」は嘘だらけで、それをなんとかあらためたいと
必死にメッセージを送ってきました。その気持ちと今回の主人公たちの気持ちが重なる事が多々あり、
なんともいえない気持ちでその世界に入ってしまいました。

ぱぱもぐとかえるさんと全く同じ事を言っているシーンがありました。やっぱりそうだよね。そう思いました。
https://mogura-no-mogu.blog.so-net.ne.jp/2017-11-21


本当に素晴らしい映画でした。全スタッフさんの全身全霊の仕事で生まれた素晴らしい映画。
本当に観て良かったと思います。

───────────────────────────────────

欲を言えば・・・・1997年の夏にこの映画を観たかったかも。
1997年の7月19日に。でも、あの頃の夏はインターネットが発達していない時代でそれはあり得ない事か・・・・

───────────────────────────────────

そういえば・・・・面白い話を。
今回も某女子と観に行きました。

某女子はちょっとドジっ子で、ペットボトルの蓋の締め付けが少し弱かったのです。
そして、バックの中でジワジワと漏れてしまい映画を視聴する直前にそれに気づき、
映画館の備品を濡らしてしまう事はありませんでしたが、本人はそれなりに濡れてしまい
土砂降りの雨が続くシーンを4D映画のように実体験しながら視聴できたようです。
なんか本当に体が寒くなってきたけど、でもすごいそれが良かったと
映画の中とシンクロできたそうです。彼女らしくて笑ってしまいました。
天気の子4D版を視聴していたようです。
※そんなに大げさな濡れ方ではないのでご安心を。

───────────────────────────────────

シナリオの全て、映像の全てが素晴らしかった。ただただ素晴らしいと思いながら過ぎていく時間でした。
いつもは絶対に僕が運転しますが、今回は映画を観た後に何も出来なくなってしまい
運転を代わってもらいました。そもそもクルマを置いた場所を忘れてしまい
探してしましました。某女子は他人任せで「どこだったっけ~」といつもそんなノリなので
一緒にグルグルとクルマを探し・・・・あ、そうだ!今日は僕のクルマではなく
某女子のクルマだったんだ!どうりで見つからないよ・・・・
と、この僕がそんなに呆けてしまうくらい素晴らしい映画でした。

素晴らしい映画・・・・多くの場合でアニメ映画ですが、
あまりにも素晴らしいと数時間くらいそんな風になってしまうものです。

───────────────────────────────────

この件は触れておこうかな・・・・
僕が生まれ育った家庭はこの平和な日本において
すごく訳ありで人に話したくないような環境でした。
でも、純粋さを失う事なく生きてきて、今、そこそこ生きています。
天気の子のあるシーンで、自分を客観視するかのようなシーンがありました。
ぜんぜん幸せなんて言える状況なんかじゃないのに・・・・
すごく幸せだと思い込んで、そんな日々が続いてほしいと切に願う状況があります。
それは若き日の僕の世界観・・・・・あの頃観ていた景色だ・・・・
涙が止まりませんでした。そこで幸せを感じるなよ、感じちゃダメなんだよ。本当は。ダメだよ。
でも・・・・美しいシーンでした。

大人に勘違いをされて痛めつけられる事は何度もありました。
全てのシーンで涙が止まりませんでした。


越えなくちゃいけない事は想像以上にある事でしょう。
あの二人ならどんな事でも、明るく乗り越えていく事でしょう。
僕は主人公の未来が幸せであるように願っています。

───────────────────────────────────

僕は研究を始めてから何度も体調を崩し、インフルエンザを連発したり
帯状疱疹になったり、指が炎症を起こし軽い手術をした事もあったり、
これまでの人生でこんなに体を悪くした事はないだろうというくらい。
今思えば自分の能力以上の事をやっていたのでしょう。

杉井監督はエネルギッシュな方でした。
新海誠監督もエネルギッシュな方なのでしょう。

先日の会談にて杉井監督の包容力に癒され
そして新海誠監督の新作でも癒されるものがあり
アニメ監督に癒される夏になりました。

晴れた日の空を見上げた時に湧いてくる感情・・・・
健康的なそんな感情がじわじわと回復し始めていると思います。

世のアニメ監督に乾杯!