もぐらのもぐ インターネット絵本←こちらからリンク
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

茶の木。やっと花が咲くの巻 [盆栽のはなし]

chanoki-001.jpg

この茶の木は埼玉県ときがわ町の農産物直売所にて購入したものです。

2013年?4~5年前だったと記憶しております。

山採り木というもので、地元の農家さんの山で掘ったものをビニールポットに移して値札がついておりました。300円くらいだった記憶が。

その後僕の家では調子を崩し、いつ枯れてもおかしくないような状態で、引っ越しを一度はさみ今年まで育ててきました。
今年になったらぐんぐんと調子を戻し、気づけば実が沢山成り始め、ここ数日は花が咲き始めました!やったね!

けれど、どうして調子が戻ったのか?分かりません。特別何か変わったことをした訳ではないです。

今住んでいる場所を買って住み始めたのが2015年末(ちょうど二年前)。ここはクルマで数分走ると狭山茶の産地になり、典型的なお茶畑の景色が続きます。すると・・・・お茶の木にとって心地よい場所なのでしょうか。昨年は目に見えて元気ではありませんがここの環境に慣れるのに二年ほど掛かったのでしょうか。

僕の家からクルマで2分程度のところに市が整えている広大な雑木林があり、その中に散歩道が続いているのですが、その雑木林の中には野生のお茶の木が生えていたりします。ここに引っ越してきてからは茶の木は身近であり珍しい木ではなくなりました。

盆栽として売られていた木ではないこと、今年まで調子が悪かったので駄物の鉢に植えてあり、とくに針金掛けをしたり樹形に手を入れたりしていないので鑑賞に耐えるほどの木ではありませんが、数年も育てていると愛着が湧いてくるもので今年以降は特に可愛がってあげたいなと思っております。





chanoki-002.jpg

共通テーマ:趣味・カルチャー