もぐらのもぐ インターネット絵本←こちらからリンク
So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

【ほぼ解明】地球寒冷化?ミニ氷河期?太陽活動低下&黒点減少とは何か?現在の様子・2018、さらに2019は?わかりやすく。 [太陽活動低下問題]

全ての『点』が・・・・一本の線で全て繋がる・・・・

長編です。

この世界の気候変動の真実の解明に成功しました。論拠を示すとどうしてもボリュームが増してしまう事をご理解下さいませ。氷河期(学術用語では氷期)がなぜ起こるのか?本当の事なのか?その件もロジカルに証明しています。

壮大なテーマなわけでそれを一つのエントリで完結させているのですから、実は最大限短いと思います。お気に入り登録しておいて数日に分けてお目通し下さると良いでしょう。

公開側としては一つのエントリに収まっているほうが効率的です。

冒頭にて『深刻な事実』に対しての指摘をしていますが、批判の声は全くありません。むしろ「そういう事だったのか。腑に落ちた」「いったい何が起こっているのか分からなかったけど実態を知る事ができました」「ただただ頷くばかりでした」「勉強になりました」「そういう話だったのか」とのお声が届いています。


──────────────────────────────────────────

追記あり:2019/07/06 よりよい内容に


このブログの広告は無料プラン利用の為にso-net社が表示させているものであり、広告収入はso-net社にあります。

黒点観測数グラフはSILSO・ベルギー王立天文台の国際基準のデータをお借りしています。
http://www.sidc.be/silso/

こちらのエントリでは、太陽黒点観測数低下、それによる気候変動、地球寒冷化などの真実について発表させて頂きます。太陽黒点の発生が不活発化していると報道されていますがそれがどんな影響を与えているのか?1世紀以上前の研究に遡るなど本格的な研究結果の発表を行います。

世間に広まる不安を払拭したい。出生率や経済に悪影響。それが主目的の発表です。

今日は「Aバージョン」の内容を公開しております。


English
https://mogura-no-mogu.blog.so-net.ne.jp/solar-activity-is-repeated

今回のプレゼンテーションは「常識的」という概念が度々登場します。気質などの理由から「常識的」という感覚がどうも理解できないという方は今回のプレゼンテーションを理解し辛いかもしれません。

先に言っておきますが・・・・・
公開が遅れている『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||(第四作目)』よりも楽しめる記事かも!?m9(`・ω・´)っ
(庵野監督には申し訳ないですが・・・・こっちの『リピート』の方が衝撃的でしょう)

日本史が大好き!そんな方なら尚更楽しめるでしょう。日本史は太陽活動と密接な関係があります。

西暦2019年3月21日にインターネット絵本もぐらのもぐ(非営利サイト)、そしてこのぶろぐ(非営利ブログ)は公開から10周年。
今回発表の内容は10周年特別企画として気合を入れてみました。

三つほど重要な事前報告

★事前報告その1
真実を解き明かす為に、忖度(そんたく)する事なくとりまとめて発表しています。忖度していたら『真実』には辿りつけないものです。研究の道に入った者が忖度する事は罪に等しい行為です。研究者はただ真実を追求し、真実を述べるのが社会における義務です。ですから邪なものは一切無く率直に真実を発表させて頂きます。真実など知りたくない、忖度されオブラートに包まれた無難な話を聞きたいのだ、という方はここで退出して下さい。


★事前報告その2
筆者はいわゆる定型発達者になります。常識の理解、常識的な思考が出来ることを臨床心理検査で確認済みです。すなわち今回のプレゼンテーションは常識的理解の集合体となります。今の時代にこの件の確認は科学に関する情報の発信者として必須と思われますので告知しておきます。


★事前報告その3
太陽黒点観測データや気象データは近代以降のものしか存在しません。それを補う為に史実の出来事や古い記録を用いており、科学データ + 歴史資料を包括した発表となります。


CO2人為的温暖化説を客観的に分析する。その真相
大変触れづらい事なのですが・・・・・皆さん、CO2人為的温暖化説はご存知だと思います。
曰くつきの気候変動説ですがここでその説について核心的な事に触れたいと思います。その説は様々と言われていますがその実態を知る事は気候変動の真実を知る事となります。

太陽活動の変動による気候変動説について解説する前に少々長くなりますが・・・・

アル・ゴア氏らが主張する『CO2人為的温暖化説』は客観性が無い、荒唐無稽、妄想などと世界中から散散なツッコミに遭っていますが、アル・ゴア氏はその問題で世界に波紋を広げるより以前から精神医学系サイトや関連書籍において『アスペルガー症候群』最新では『自閉症スペクトラム』を指摘されていた人物です。成功したアスペルガーとして有名です。しかしアスペルガーであるとすれば特徴的な気質がある事は否めない訳です・・・・
 アスペルガーの典型症状とは、客観という概念を理解できないので、客観的事実や社会のルールよりも独自の理解や自分ルールに著しくコダわってしまう気質。そのような気質をアル・ゴア氏はすでに指摘されていたわけですが、気質が現れやすい科学理解の発表について客観性がないと世界中から指摘され続けていて、なおかつ自閉して全く聞き入れない様子ですからその指摘が事実だったのでしょうか・・・・適性上不向きといえる事に取り組んでしまったのでしょう。

以降のアスペルガーの理解は自覚が無く療育を受けていないケースを前提にしています

地球が温暖傾向や寒冷傾向を繰り返してきている事は事実。現代にのみ起こった話ではありません。過去数億年以上前からの実態を以降で示します

この報道は衝撃的でした。西暦2018年に沈みゆくツバルが実は国土が拡大していると報道あり(AFP通信)。
参考https://www.afpbb.com/articles/-/3161922
「沈みゆく島国」ツバル、実は国土が拡大していた 研究
2018年2月10日 10:06 発信地:ウエリントン/ニュージーランド

ある島国のごく一部が沈降していただけなのに世界中が沈没していると妄想して慌てて発表していたのです。つまり独自の解釈です。アル・ゴア氏らはそもそも測量すらしないで断定していた事になります。地球の陸地が一部沈降する事がある・・・・極めて常識的な行動や理解が出来ていない事もあらためて証明されてしまいましたが、自然現象のごく一部を都合よく解釈していたと言えます。
 ツバルの件以外の指摘も特徴的な思考の結果による独自理解に対してです。CO2人為的温暖化説においての客観性がないとの指摘の本質には、物事のごく一部に注意が向いてしまい、ごく一部の事を都合良く継ぎ接ぎしてしまい全体像視点での想像が全く出来ていないという大きなポイントがある事に気づくべき。自分が興味ある事やポイントに極端に注意が向いてしまう・・・・思い込みが激しいとも指摘されるその気質・・・・客観的思考を欠いて自分に都合が良い事のみを極端に取捨選択してしまいそれが絶対的に正しいと妄信してしまうわけです。
 CO2人為的温暖化説で散見されるそれら特徴的な取捨選択はアスペルガーの典型的な『質的障害』と同質に思えます。

アル・ゴア氏が制作した『映画:不都合な真実』はイギリスの最高法院にて9つのポイントについて指摘されましたがアスペルガー的思考から生まれたであろう『質的障害の反復』を指摘されていたと言えます。 そんなボロボロな発表ですから常識的立場の識者らから「BAKA過ぎる」と猛ツッコミされてしまうのです。あまりにも頓珍漢な取捨選択を反復させている事は深刻です。一つくらいの理解ミスでも大変なことです。それを次から次へと反復させているのですから気質に原因があろうという事になります。もしも最近に裁判が行われていれば臨床心理検査の結果を審理に踏まえるなど判決内容が大きく変わっていたかもしれません。当時はその概念すらないような時期でした。

捏造するならもっと巧妙にするはず。あの説は捏造云々というような印象ではなく、率直な表現をすると『よほどのBAKA』な話なのです。CO2の上昇が人類主因なのか?温暖化傾向はこれまでなんども繰り返してきたがなぜ今回は人為的だと言い切れるのか?その第一歩目が証明出来ていない。様々な理解が頓珍漢。そんな内容を真顔で延々と主張し続けてしまっています。自分の発表について客観的に評価が出来ていない・・・・そもそも客観という概念を全く理解出来ない様子。本人らは客観的だと真顔で言うも明らかに常識的な感覚からズレている。明らかに常識的ではない話なので指摘しても通じない・・・・

その気質の傾向がより強い場合では物事のレベルだけでなく時系列についても自分に都合よく現実を歪めて取捨選択してしまうとも指摘されています。ですから過去に何度も温暖化していた時代があったと常識的な指摘をしても意識に届かないのです。現実よりも自分のコダワリが最優先されてしまうのです。そのような常識的な指摘をご本人達は「世界の陰謀だ」と主張する訳ですが「明らかに客観性が無い」という指摘を被害妄想的な解釈で受け流し現実以外の場所に注意が向いて会話が成立しない様子も典型であり困った状況です。相互的な社会関係を築けない質的障害は診断基準になります。


太陽活動低下と地球寒冷化について解説するにあたりとても重要な意味を持つのでもう少しお付き合いください。

そんなツッコミ処満載な説を日本にて鵜呑みして広めてしまったキーパーソンはポッポ鳩山由紀夫氏。しかも実現が難しい事を次々公言した記憶が。ハトヤマイニシアティブなどで波紋を広げました。
 西暦2019年に「北海道の大地震の原因はある科学施設だ!」と突如謎の理解をツイートをしたら北海道警がデマ認定。つまり科学的根拠なき独自の解釈を吹聴するなと叱られるも撤回するどころか更に独自の解釈を追加しコダワリ続けるなど相互的なコミュニケーションが通じない様子が常態化している元総理大臣。発言には慎重になってほしい・・・・とこんな指摘をしていたら矢継ぎ早に放射性物質に関する科学的根拠なき独自解釈ツイートで波紋を広げています。(北海道での大きな地震は地中にCO2を吸収させる施設が原因とツイート。ツッコミ処満載)
 ポッポ氏がアスペルガーであるかは定かではありませんが古くから特徴的な気質を顕著に示してきた事は否めません。ポッポ氏は政治においても全体像視点での想像が出来ずに自分のコダワリを最優先した仕事ぶりで日本経済を大きく転落させました。あの温暖化説はコダワリが大変強い特徴的な気質の政治家らが絡んでいる事に気づくべきです。しかもあの温暖化説の主張者はみんな揃って「客観性がある」と真顔で言うも社会通念的な意味での『客観性』とは感覚がズレているのに「私の気づきは正しい」と独自解釈にコダワって譲りません。それはいわゆる『コダワリが強い』と言われるものの一つです。アスペルガーが独自の解釈を終始述べ続けて周囲を呆れさせたり激怒させる事は典型中の典型。警察に逮捕され実刑判決が下り服役しても独自の解釈を述べ続け全く反省しない事例も少なくはないのです。(触法+関連ワードで検索して頂くと研究データが多くヒットする)

「あれ?最近暑くね?CO2が原因だ、人間が原因だ!絶対そうだ!ほら!ツバルが沈んでるだろ?見て見て!映画作って世界中に告発するわ」最初に結論を決めつけてしまい(アスペルガーは思い込みが激しい)、後はその思い込みにとって都合が良い事を現実世界からポンポンと切り取って繋ぎ合わせてしまう・・・・気づけばとんでもなく荒唐無稽な話になってしまい周囲から『ありえない』とツッコミに遭ってしまう。そんなエピソードは臨床心理士さんや福祉施設の職員さんらは「あるある」と仰るもの。

アスペルガーに対する客観性への指摘の定番は「完全に前提を誤ってる」「最初の一歩目から理解がおかしい」というものです。CO2人為的温暖化説も最初の一歩目から理解を誤っています。
 アスペルガーとストーカー事件に関する研究が世界で進んでいますが、ストーカー事件もまた最初の一歩目から理解を誤り(恋愛感情の勘違い)、その後例えば同じ電車に乗っただけなのに「わざわざ自分に会うためにこの電車に乗ってくる=自分の事がよほど好きなのだろう」と次々と現実世界のごく一部の出来事を都合よく解釈していき最終的には警察に警告される事になってしまいます。しかも被害者本人が「恋愛感情なんてない」と明らかな客観的事実を示しても「言わされてる」と自閉し現実を拒絶してストーカー行為を継続してしまうものです。CO2人為的温暖化説の本質と数多のストーカー事件の本質は同じである事に気づくべき。裁判所や警察で指摘されたり警告されたりするなど常識的感覚であれば自分の考えをあらためるものです。しかしアスペルガー傾向が強いと自分ルールで生きているもので逮捕歴などを一切気にしないで恥じない人もいるものです。警察を呼ぶぞという警告を全く意に介さない人もいます。自分は悪くないのに逮捕する方が悪いなどと理解して勝手に納得して反省しないもの。正にアル・ゴア氏やポッポ氏はそういう様子です。裁判所での判決や警察からデマ認定などふつうの感覚なら我にかえるはず。ところがむしろコダワリを強めて強硬的になる様子です。そしてそれも典型的な様子です。

さて。アル・ゴア氏は社会的地位が高い人物なので巻き込んでしまった人がとても多かった不幸な事件というのが実態なのでしょう・・・・元副大統領の肩書でああいう妄想をああいう扇情的な表現で世界へ向けて真顔で発信してしまうと一部の人たちは盲信してしまう事でしょう・・・・
 無論アル・ゴア氏の意識では完全に客観性がある話。ねつ造をしたり改ざんしたつもりはありません。結果としてそのように見えてしまう訳ですが・・・・それゆえ揺るぎない正義感や必死さが溢れているのでしょう。ですから「嘘っぱち、妄想」と指摘されれば烈火の如く怒るでしょう。

※アル・ゴア氏は自宅電気代が目立って高額であり人類の悪を訴えている活動家なのにKYとの報道があった。息子さんは違法な薬物所持で逮捕歴数度。依存症傾向があり自動車で暴走(速度超過)するなど衝動的な様子もあり気質が原因のトラブルを繰り返し起こしている。アル・ゴア氏のその件に関するエピソードは枚挙にいとまがない。しかもアル・ゴア氏はノーベル賞を受賞している身。説だけでなく自分の人生全体を客観視出来ていないという事。※無駄なアクセル操作はCO2量を増加させる。息子さんもかなりKY。自分の状況を全く客観視できていない。遺伝を否めない様子。

※プーチン大統領(ロシア)は筋金入りのCO2温暖化否定派。詐欺とも公言。メイ首相(イギリス)は就任早々に国家としてのCO2温暖化対策を中止に。イギリス国民の中に懐疑派が多いのはそもそもイギリスで生まれたガセネタである事が参考になろうか。トランプ大統領は嘘っぱちと公言。就任早々にCO2温暖化対策を中止する大統領令にサイン済。国連主導の案件なのに米英露のヤルタ会談参加国そして戦勝国連合の三国はそんな態度です。日本ではほぼ報道されていませんがロシアとイギリスも否定派でありプーチン大統領は筋金入り。超合理主義者のプーチン大統領にすれば詐欺の一言なのでしょう。

※アスペルガー傾向がある人に『映画:不都合な真実』の視聴を控えさせるべき。不可逆的な妄信に繋がる可能性。事の細部にコダワリ過ぎて全体像視点を想像できないその気質の人達には事実に思えてしまうのでしょう・・・・そして事実だと確信してしまうと思い込みの激しさや偏った取捨選択の結果、ますます妄信(コダワリ)が加速してしまう・・・・気質による視聴制限という概念がこの世界に必要となるでしょう。その話はまたいつか。※アスペルガーは妄想的、観念的な思考になりがちな事も典型。妄想的な考えのトリガーになり得るということ。

今まで波紋を広げ続けたこの件。アスペルガーという気質で全て説明がついてしまう事を否めないのです・・・・もしくは愉快犯的にアスペルガーの典型症状を参考にして意図的に極端な取捨選択を行い世間の反応を楽しんでいるか?・・・・さすがに後者は非常識過ぎる推理・・・・しかしそのどちらかが正解という事におのずとなるのでしょう。

ここまでを一言でまとめるとCO2温暖化主張者が社会に次々波紋を広げている様子と、無自覚なアスペルガーが社会で次々波紋を広げている様子はそれぞれ『エッセンス』が全く同じであるという事です。それぞれに対する社会からの批判の声の『エッセンス』も全く同じです。


さて・・・・・

特徴的な気質が推察される明らかに客観性がない極端な気候変動説は距離を置いて研究しました。それらを適切に評価した事により現実的な────太陽活動の変動から起こる気候変動のシナリオが浮かび上がってきました。
 アスペルガー的思考と言える視野狭窄の反復から生まれたと推察される説は少なくはなく世間に波紋を広げているものです・・・・数字としてのデータがありませんが、学者さん自身が「学者にはアスペルガーが多い」と言うものです。そんな情報を見聞きする事が少なくはありませんが、ではそれで具体的に何が起こっているのか?といえば特徴的な取捨選択が為された研究が常識的感覚の研究に混ざって発表されている事を意味しているのです・・・・・覚えていますか?ノーベル賞受賞の本庶氏のコメント「学術誌に掲載される論文の9割はその後消える」とても重い言葉です・・・・なぜそんなに多くの発表が消えるのか・・・・。

正直な気持ちを言えば・・・・この件に一切触れたくはありません。しかし・・・・この件に触れなければこのテーマの核心に迫る事が出来ない・・・・。ジレンマというものです。ジレンマを抜け出すには全ての事実を述べる道しかないのです。このテーマにおいて真実に辿りつくには精神医学的事実とセットで説明することが『マスト』という事なのでしょう。大変重苦しい事ですが・・・・この件に触れた事によりマイナスとなる事もあるでしょう。しかし触れなければ真実に到達できない・・・・ジレンマです。

この取捨選択を行ったことにより世間の大多数の人が「なるほど。それなら信じる。筋が通っているね。論拠が明白」と仰って頂ける現実的な研究結果を導けております。


大変長い『三つの事前報告』及び『CO2人為的温暖化説の真相』となってしまいましたがこの事実を先にお伝え出来た事により、以降の解説が捗りました。以降は解説画像が豊富です。スイスイ読んでいけると思います。

では本編へ
読みやすいように『三人プレゼンテーション』で進行します。

答え合わせの時が来ました!
衝撃的な客観的証拠と常識的な考察で世界に広がる妄想の類から解放して差し上げましょう・・・・!
最初の一歩目を正しく踏み、その後全ての歩みを確実に・・・・・!

迷わず行けよ・・・・行けば分かるさ!

変身・・・・・ッ!

musked-rider-v3mogu01.jpg
『謎のライダー』

『もぐらのもぐ作者ぶろぐ』の『さくしゃ』がある病で療養に入るとの事で(呼吸器系)、今回は俺がプレゼンテーションをリードする。

俺はあいつのように優しくはない。少々辛口でな・・・・・。いつもの調子とは異なる事を覚悟してくれ。真実を知るには無情でなければならない。研究は日常生活のように忖度(そんたく)など必要ないからな。

今日は

『太陽活動低下による地球寒冷化』

この件について分かりやすく解説し、『客観性』『全体像視点』その二つを常に忘れる事なく進行する。

この問題に関して情報が錯(さく)そうしており、どの情報が本当か?分からないよな。

世界各地のチビッ子やママさん達から太陽活動の低下による地球寒冷化を心配している声が多く届き、本格的に研究し始め間もなく2年。まだまだ研究は続いているがおおよその全体像の把握が出来た。
ようやく人類に向けて発表できるところまで辿りついた。

今回発表の内容は西暦1906年に日本政府文部省が『関豊太郎』教授に命じたある調査も基礎となっている(凶作原因調査報告・官報第7134号及び第7135号・明治40年4月)。当時は国民間での議論に発展するも真相解明に至らないまま西暦1960年代頃に研究も議論も自然消滅。今回発表で再び日の目を見る事になるのだろう。実に110年以上の時を越えて決着をつける事になる。つまり今回の我々の発表は事実上、当時文部省が行った調査に対する最新の研究結果の報告となる。
kanpou-7134.jpg

さて

いつもの通り『ぱぱもぐ』そして『かえるさん』にプレゼンテーションしてもらおう。

『ぱぱもぐ』は、もぐらのもぐインターネット絵本の世界にて教授を務めている。
『かえるさん』は同じ世界で博士を務めている。

共にこの問題についてよく研究してくれているキャラクターだ。全体像視点からの研究を得意としており常識的感覚に基づいた結果を導いてくれるはずだ。
 彼らは極めて当たり前な事を確実に踏みしめて研究していく。そんな事当たり前だろうという理解を着実に積み重ねていく。だから極めて当たり前な結果に辿りつく。仕事が出来るタイプとも言えよう。

今回の発表を童話のキャラクターが?冗談ですか?などと笑うなかれ。その文部省の命じで始まった研究は議論を巻き起こし、童話作家・詩人『宮沢賢治・みやざわけんじ』先生も作品内で考察に挑んでいたテーマになる・・・・このテーマにおいてのこの表現は宮沢賢治先生へのオマージュになろう。その件は後程。※『関豊太郎』教授の教え子だった。

先に言っておくが・・・・遅かれ早かれ、いずれ人類は滅びる。だから絶望のラストを迎えるような事になっても失望しないでくれ。勇気が無い者はここで立ち去って妄想世界に引きこもるのも良いだろう。

参考として・・・・世間のミニ氷河期人類危機説の一例


★理化学研究所・XXXX主任研究員
「ミニ氷河期とはいえ、本格化すれば北海道まで氷河が押し寄せ、アメリカは五大湖まで氷に覆われる。欧州も壊滅的です。穀倉地帯の大部分で収穫が不可能になり、食糧危機は必至です」
引用元https://news.infoseek.co.jp/article/postseven_488511/

★元NASA上級研究員・XXXX博士
「世界の穀倉地帯や漁場が変動する影響で、世界人口80億人のうち、約20億人が飢餓と病気で死亡する危険性があります。とくに日本のように食料自給率が低い国はその影響を強く受け、国家存立さえ危うくなるかもしれません」※ミニ氷河期の到来を前提にした指摘
引用元https://news.infoseek.co.jp/article/postseven_488511/
※引用元にある某教授は学生に対する暴力行為(学園内で馬乗りになり暴行)で逮捕。執行猶予判決があった。ありえないような事件。某教授も太陽活動低下からの極端な気候変動説を民法などで披露していた。


これが事実なら大変な状況だ・・・・

さっそく始めるか・・・・『ぱぱもぐ』そして『かえるさん』よろしく・・・・・。


papamogu.jpg
『ぱぱもぐ』

みなさんこんにちは。さっそくですがプレゼンテーションを開始しましょう。

今回はいつもの『ゆるふわもぐらのもぐワールド』とトーンが異なりますが、人類にとって大変重要な話題となりますので、『謎のライダー』さんと一緒に進めるのは良い事だと思います。ただし我々はさほど深刻には考えていません。
 お腹が大きい妊婦さんもアクセス者さんの中にいらっしゃると思います。これからママやパパになる皆さんも心配されて検索されたのだと思います。ですから結論を先に言っておきます。この世の終末のような状況になんてなりません。史実の出来事を根拠にお伝えしていきます。史実にはそのような記録は残っていません。冒頭の極端な説は何を根拠に算出したのか?不明です。様々な観点から辻褄が合わなく客観性があるとは思えません。大変失礼な指摘の仕方になってしまいますが・・・・物事のごく一部のみを都合よく繋ぎ合わせているように見えます・・・。最初に結果を決めつけて後はその思い込みに関係ありそうな歴史上のトピックスを寄せ集めて説を完成させているのではないでしょうか。
 CO2温暖化説でも物事のごく一部のみを都合よく取捨選択している事は指摘されていて、ロシア政府の国家公式広報サイトのリリースでも指摘されています。

https://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/2010/01/11/4595833.html
※現在リンク先消失・長いリリースから一部引用
「ロシア経済分析研究所は同説(補足:CO2温暖化説=アル・ゴア氏らの説に対し)の基盤とする気候分析がごく一部の観測データしか使用していないと主張する論文を発表。」西暦2010年1月11日付。つまりビックリするほど独善的で視野狭窄的な発表について、このような表現で指摘されていたのです。国家広報サイトのリリース内で・・・・

【補足】CO2温暖化説に対する常識的指摘の一例。結局は特徴的な視野狭窄(つまり気質)を指摘されているに等しい。直接の表現は無いが『よほどのBAKA』と指摘されているにも等しい・・・・
http://www.takenoma.com/article/2005/05/31/592/
竹田恒泰氏公式サイト 竹の間

ごく一部に視野狭窄してしまう取捨選択を反復させて生まれた極端な気候変動説は、一応は現実世界のトピックスを継ぎ接ぎしているので聞き慣れた用語が多く一瞬は本当のように聞こえてしまうのですが全体像視点に立ち冷静に検証するとビックリするほど『あてずっぽう』。明らかに客観という概念や全体像という目線が欠落している。しかし発表者は真顔。間違いを指摘されると烈火のごとく怒り出す。そうじゃないと優しく分かりやすく指摘してあげても何が何でも自分の考えが正しいと頑なに聞き入れない。一方通行に自分の考えを語るのみで相互的なコミュニケーションが成立しない・・・・一言で言えば独自の解釈に著しくコダワり頑なに自閉して自分の考えを何が何でも通そうとしている・・・・そしてそんな特徴的な気質を一切自覚出来ていない。そんな特徴的な様子が『極端な気候変動説』にて確認されてしまう事を否めません。
 地球や人類を心配して下さっている正義感が強い研究者さんである事は間違いありません。しかし・・・・困ったことにそんな共通点があるのです・・・・

それぞれの学者さんがどんなに真剣であろうと、荒唐無稽な極端な気候変動説は出生率や経済活動にとって悪影響となります。「一つの説だから」で済まされるものではありません。今回の発表は明らかに客観性がない説は率直に指摘させて頂きます。ただし各研究者さんの純粋さを否定するものではありません。(本当にごめんなさい。しかし指摘せねば現実に目を背け続ける事になってしまいます)

さて・・・・

では、根拠の無い温暖化説、極端な寒冷化説をバッサリと切り捨て・・・・客観的な研究で見えてきた結果を発表していきます。

まず、みなさんの記憶に存在する太陽活動低下による地球寒冷化に関する情報を一度忘れてください。ゼロから話していきます。

世界に散らばっている多くの『点』を
ある気づきという一本の線できれいに一つにつなげていきましょう。
真実はそれほど複雑な話ではないようです。

実はそんなに難しい話ではないので安心して下さい。
今回のテーマは『宇宙気候学』というジャンルになろうかと思います。

続きを読む


宇宙の果てはどうなっているのか?真剣に考えてみる [宇宙の果てについて真剣に考える]

もぐらのもぐ相対性理論は少し距離を置き・・・・それこそ他人が執筆したものだと
思えるくらいに客観視しながら読めるくらいまで離れてみます。

もう一つのテーマも思考開始してみましょう。
その二つのテーマをぐるぐると思考して互いを高めてみることとしましょう。

もぐらのもぐ太陽活動気候変動研究プロジェクトチームは宇宙の果てがどうなっているのか?その解明が悲願であり圧倒的に壮大なテーマです。

ぱぱもぐそしてかえるさんは宇宙の果てがどうなっているか?突き止めることが最終目的であり、そこに僕も参加してみましょう。

今日は1時間ほど暇な時間があったので、宇宙の果てがどうなっているのか?それをどういうアプローチで迫るのか?最初の一歩目はどんな踏み出しにすべきか?つらつらと考えてみました。

続きを読む


最近気持ち悪い [まじめな話系]

最近周囲の人が気持ち悪いです。

握手して下さいとか

子供の名前つけて下さいとか
僕が描いた絵やラフを売って下さいとか
妊婦さんであればおなかをナデて下さいとか

なんだか特別扱いされて気持ち悪いんですけど・・・・@@,

お断りさせて頂きましたがある家庭のお子さんの想像力を高めるために
週に一回なり家庭教師的に遊ぶ時間に付き添ってあげてほしいとか、
まあ、僕の周囲は会社経営者さんが多いのでそういうヘンテコリンな話まで舞い込んでいます。
※いずれの形にせよ収入を増やしてあげたいとの思いからのことかもと思うのですが・・・・

しかし・・・・
そんな事は僕には無理です。なぜなら僕はアントニオ猪木氏の名言

『BAKAになれ!』

を極めた結果今がある人なので僕がナデナデした胎児ちゃんや
僕が想像力を引き出した幼児はBAKAになってしまいますよ
僕と握手なんてしたらBAKAが染りますよ。

現在進行中の結果はBAKAを極めた結果なのです。

僕は雑に扱われる事に慣れており雑に扱われた方が気が楽です。
先日は某盆栽園さんに仙台の超有名盆栽士さんがちょうど訪れ
なぜか丁稚と勘違いされ雑に扱われました。その状況を楽しんでしまいました。
しかも丁稚奉公の挙句、あのお方と握手すると良いという展開になり握手させて頂きました。
ありがとうございますと深々とお礼を言わさせて頂きました。後で思い出すと笑ってしまいます。
完全に丁稚です。
そういう時、大人の男性はふつう激怒するでしょうが、僕は敢えて最後まで丁稚を演じて
ご機嫌様で有名盆栽士さんに地元に戻って頂きました。
※いつかネタに使える。『俺っちあのジイチャンに丁稚に間違われてそのまま丁稚奉公したことあるぜ~!』とかね。

その時丁稚を演じながらふと思ったのです。
ああ、僕は一生こういうポジションでいいんだなと。
誰かを雑に扱うようなポジションになったら僕の人生では
それは自分の死を意味していると。もちろんそういう役の人はいていいのです。
けれども僕は、永遠のチャレンジャー、永遠の丁稚、永遠の初心者でいいのかなと。

持ち上げられるとか気持ち悪いし所詮は人間ですから常にBAKAをやってしまう訳です。
なのに神様扱いされ始め、それに乗って神様的に振るまい始めたら、永遠にチャレンジャーでいたい僕は死んだも同然です。一回しかない人生だからこそ最後までチャレンジャーでいたいし、
雑に扱われていていいと思っています。

持ち上げられたとしても・・・・そう思って下さった事には心から感謝しつつも
絶対にそれに乗ってはいけない。乗った瞬間から質の悪いBAKAになってしまう・・・・

給料無しで丁稚奉公に行く事が年に数度以上あります。
給料がなくともアクセル全開で仕事を頑張る。手抜き言い訳なし。
そういう厳しい事を自分に課しているのでなおさら持ち上げられる事は気持ち悪いですね~。
自分をイジめるのが好きなのでしょうか。なぜそうするか?僕なりの社会奉仕でしょうか?

研究はその具体例ですね。予算利益ゼロ円でもアクセル全開。それは僕のそういう思想から始まっているのでしょう。

そういえば何度か聞かれたなかな。利益ゼロでなんでそんなに集中を維持できるのか?と。
よほど雑に扱われる環境に慣れているのでしょう。

自己アピールすると僕は言い訳をいわないタイプです。
他人のミスを自分のミスだったとして考えるタイプです。
自分の失敗を人のせいにした事はありません。
『あいつが~』なんていった事が無い。常に『あのときああすれば・・・・』
そう振り返るタイプです。常に成長を意識してしまうタイプです。

というわけで、ふつうに接してください。
基本的には温厚です。



原田くん、よろぴくね [太陽活動低下問題]

今日は久しぶりに杉並区にて
もぐらのもぐ会議がありました。

粋な福井社長と愛され系キャラの原田くんに久しぶりに会うことが。
福井社長の人脈の広さには驚かされます。人付き合いがお好きなんですね~
僕は独立して仕事をしていながらわりと人見知りをしてしまうタイプで
仲良しになった人とばかり付き合ってしまう癖が
さらに増してきているのが近年なのです。

原田くんへ
僕が死ぬと地球は氷河期が来てしまいます。
死なせないためにはあるものが必要です。
あるものは原田くんしか作れません。
つまり・・・・原田くんはこの世界の救世主!

期待しています。ぜひ世界を救ってください。

後でお約束の『議事録』を展開します。
少々お待ちくださいね。


太陽撮ったよ~ん [太陽活動低下問題]

12:30頃の太陽
雲が厚いので太陽のアウトラインがくっきりと見えました。

mogu-sun-20190708.jpg

この恒星は誕生から約46億年。
地球の外部側のメインエネルギー源です。
億年単位の超長期周期が確認されており
直近の約50万年では急速な氷期サイクルがリピートされています。

なんて風に解説されるようになるのでしょうか?
しかしどうして氷期リピートを太陽活動のリピートだと思う人がいなかったのでしょうか?
特にふつうですよね。

mogu-gajyumaru-bonsai-20190708.jpg
本土では希少なガジュマルの実生です。それを高さ6センチくらいの細長い鉢で盆栽に。
落款がある鉢ですが400円で買えました。

ガジュマルの芽生えてホヤホヤの子を入手しました。超豆盆栽として育ててみようかなと思っています。鉢は購入済みです。


前の5件 | -