もぐらのもぐ インターネット絵本←こちらからリンク
So-net無料ブログ作成

盆栽 川口市の矢島清芳園さん [盆栽のはなし]

盆栽の話 川口市の矢島清芳園さん

埼玉県には旧大宮市の盆栽町があり、老舗盆栽園がありますが、数件が残るのみであり、川口市の方が盆栽園が多く集まっております。大小合わせれば3ケタになるとか。

先日、打ち合わせの帰り道に川口市に寄ってみましたが・・・・・まさに天国。

クルマで街を走るとあちらこちらに盆栽園さんが!すごい!

盆栽世界大会でもらった川口盆栽マップを見て、雰囲気で探した数件に伺いました。今日はそのうちの1件を紹介します。


矢島清芳園 小品(しょうひん)・雑木(ぞうき)が主。数千鉢あるかと思います。生産されております。すごい数。丁寧に剪定されており、大変なお仕事だと思いました。

温厚な園主さん。話が弾んで昭和時代の資料を見せてくださったり、とんでもないノウハウを教えて頂いたりと、あっという間の1時間だったと思います。

雑木に強いという事で、ケヤキやブナ、モミジなど、様々な樹種がありました。また、珍しい品種物も様々ありました。生まれて初めて見た品種も。イチョウの葉に銀杏が発生するなんて初めて見聞きしました。

僕は、針金掛けを基本的にはしないで、鋏(はさみ)だけで作っていくスタイルが、ナチュラルでは?という境地に辿りついたというお話は先日しましたが、矢島清芳園さんでその話をしたら、それはオールドスタイル。針金が無い頃はそうだった。時間が掛かるが自然な風情になる。それは素晴らしい。実は近年、そのスタイルに回帰する人達が表れてきている。との事。園主さんはそのスタイルも推奨との事で、ノウハウをいくつか教えてくださいました。

これは僕の私見ですが、針金掛けで作り込んだ盆栽は、韓国アイドルグループの超整形美人のようなのです。整っていると言われれば整っている訳ですが・・・・・。

さて〆ましょう。

 盆栽を始めようかな?という方にも、矢島清芳園さんをお勧めします。園主さんのお人柄とお品の両方の意味においてです。

 素晴らしい性質の二年生のケヤキを購入しました。むさしの1号に似ているけどちょっと違う感じ。

これでケヤキは実生素材を合わせれば10鉢を超えました。今回のケヤキちゃんは素直に育ててみます。

048-295-0158 赤山774

共通テーマ:趣味・カルチャー