もぐらのもぐ インターネット絵本←こちらからリンク
So-net無料ブログ作成
検索選択
リフォームのはなし ブログトップ

出来たどー! 天然杉のカウンター [リフォームのはなし]

sugi-001.jpg

川越銘木センターさんで天然杉の板を買ってきました。さっそくキャドでデザインして図面通りに切り出してみました。無光沢ウレタン塗装。3尺×1尺程度の大きさです。90センチ×30センチと言った方が分かり易いかな?

2年前に購入した中古住宅。河野工務店さんと川越銘木センターさんというこの地区の2大無垢材師匠を頼り、1日も住まずにスケルトンリフォームを開始。床下完全撤去からの作り直し、レイアウト変更、水道管新設、キッチントイレお風呂など最新のモノにアップデート。断熱材などは最高のスペックのモノを。そんな日々を更新しておりましたが、実はまだ完成していないのです。住んではいますけどね。ジワジワと完成へと駒を進める日々です。

さて・・・・・今回作っているものは?

カウンターですが穴あきデザイン。かつ、アンシンメトリー(左右非対称)。

どこに組み込むカウンターでしょうか?
画像のフローリングは無垢ケヤキ(ウレタン塗装)です。施工が大変ですよ。参考にどうぞ。


sugi-003.jpg


樹齢数百年の杉だと思います。植林した杉とは違い木目が詰まった高級材です。年輪の弧から推察できますが、かなり太い杉ですね。

屋久杉ほどに脂がべとべと過ぎず、関東の杉ほどパサパサではない絶妙な品質。最高ですよ。これ。


乾燥状態も最高。20年以上経過しているのかな?川越銘木センターさんはこういう材がゴロゴロあるので助かります。機械乾燥ではなく、自然乾燥で数十年。それは今すぐ為し得るものではありません。そんな経緯を思うと尊いものなのだなとあらためて思ったり。

sugi-002.jpg

傾斜を付けて抜いてあります。


続きを読む


オスモ フローリングワックスの巻 [リフォームのはなし]

ドイツ国オスモ社の自然塗料。
日本国内にて販路が多く入手し易く人気があります。

欠点は人件費が高い国で製造していることから高価なことです。

そのオスモ製品に無垢材用フローリングワックスなるものがあり、買ってみました。

■乾燥が遅いので注意
image.jpg

今回のリフォームでは、無垢材の床材を階段以外の全ての場所に使用。一階のメイン廊下は一枚板をそのまま床板にしました。ブビンガ材。それを10メートルほど使用しております。(5メートルを二枚。トイレの床下まで。床下根太大引から全て総交換。外壁も一部総交換。断熱材総交換。キッチンなど総交換、配線、管など総交換)

※一枚板を床材にするには伝統工法が必要です。手抜きすると後で大事件です。気をつけるべきノウハウを得ました。川越銘木センターさんで材を買った方にはノウハウ提供を考えようかな。腕の良い職人さんの技が必要です。度胸と腕に覚えがある無垢材好きな大工さんの協力も必要です。

ワックスを塗り込むにはオスモ製のハケが便利です。無いと大変かもしれません。

木目に沿って塗り込んでいきます。

まだ壁紙を貼っていませんが、埼玉県小川町産の手仕事で作られた和紙を貼る予定です。すでに購入済みですが時間が無いので未だ進んでおりません。ありゃま。

廻り縁、巾木などは無垢ヒノキで統一してみました。一年過ぎて、日焼けして、少しは色が馴染んできたような。この画像は一年前のものなので、まだまだ浮いてますね。



続きを読む



共通テーマ:住宅

初お風呂 [リフォームのはなし]

リフォーム中の物件にて、さきほど初めてお風呂に入りました。

ついでに語っておくと、ここ三日間、体調不良もありお風呂に入っていなかったのです。(ギャー@@)

体調不良というより、精神的な疲れだったかも。一日休んだら楽になりました。そういえば六月頃から終日休みなんて日はなかったような。

話は戻り、リフォーム先の初お風呂までの道‥‥。長かった。



七月十五日に登記が終わり、すぐリフォームに。

0.75坪のタイル&ステンレス浴槽の風呂を自分で解体し1坪化の準備を。

真夏の酷暑の中、フラフラしながらハンマーを振るいました。36.8度。湿度70%超え。そんな状況でした。


その後、河野工務店さんの指揮で、基礎屋さんがやってきて、コンクリートで基礎を作ったり、河野さんが柱を追加したり、既存の出窓を捨てて二重窓化してくださり、

十月末にリクシル社のユニットバスを組み込み

十一月末に水道&ガスが開通し

今日、十二月十六日。初めてお風呂に入りました。長かった@@

image.jpg

浴槽のカラーはグリーン。壁はオレンジ。少しアバンギャルド?な配色にしましたが、なかなか良い気分のお風呂になりました。ショウルームでカラーサンプルを見て決定しました。癒される空間をテーマにしてみました。リクシルのユニットバスでは一番安い、定価で100万円程度のキレイユです。



えとですね、突然ですが

来年は長編小説を執筆開始します。人生で一作のみとなりますが、セカイ系の話です。
全体的なイメージは少年時代から。具体的なものはここ数年で。


公開の方法などは未定。さて、どうなることやら。何も考えていません。




まだまだまだまだ、知らない事いっぱいの巻 [リフォームのはなし]

日々、あらたな知識を吸収中。


うーん。ぶろぐでは伝えきれないです。

しばらく考えてみます。

とにかく言えることは、僕は大きな冒険のスタート地点には立てた、という事。

今は言葉に出来ません。

とにかく今回の中古住宅のレストア&カスタムが完了したら、今日よりは言葉に出来るかもしれません。

ナ‥ナンダッテー!? アスベストの巻 [リフォームのはなし]

みなさん‥‥

アスベストという言葉を聞いた事があると思います。
そして、それはデンジャラスな物質であるという事を知っていると思います。

なんと‥その厄介な物質に遭遇しちゃったのです。

外壁材、すなわちサイディング。2000年以前に生産されたサイディングはアスベストを含有している可能性が濃厚なのです。知らなかった‥‥。

近年生産されたものはサイディングの裏面に「この製品にはアスベストを使用していません」と表記されています。

サイディングのアスベストは基本的には飛散しないので、気をつけて取り扱えばただちに生命に関わるような危険は無いとの事。

どこに捨てればいいのか?市に電話→県の外郭団体を紹介される→教えられた電話番号は使用されておりません連発→ネットで探す→やっと見つかる→大空リサイクルセンターさんが話を聞いてくれる事に。

丁寧な営業さんがすぐに見にきてくださり、価格を算出して下さいました。運搬の契約と処理の契約をする必要があり、サイン捺印して提出してから一週間ほどで確定、持ち込み可能になるとの事。

契約書には200円の収入印紙が必要。

価格は流動するそうなのでここでは割愛。今回は0.5m3 ありました。
約8坪分のサイディングです。

今週中に持ち込み処分します。


リフォームのはなし ブログトップ