もぐらのもぐ インターネット絵本←こちらからリンク
So-net無料ブログ作成
検索選択
えいがのはなし ブログトップ

映画ラ ラ ランドを観る前に知っておこう [えいがのはなし]

映画ラ・ラ・ランドを観た僕の感想(レビュー)です。

感想(レビュー)ではありますが、これから観ようという方の為に、重要なポイントを補足させていただきます。すなわちレビューからプレビューを書き残しておきます。

重要な事のネタバレ無しです。

追憶(過ぎ去ったことを思い出し心を動かされるような心情)がテーマの映画だと思うのですが、日本人が観る前に、重要なポイント を知っておかねばならないでしょう。

その、重要なポイント を僕が補足しておきます。

続きを読む



共通テーマ:映画

ケロヨンのぼうけん 劇場版DVD買ったよ の巻 [えいがのはなし]

ケロヨンさん。僕は最近に知ったのですが、伝説のテレビ番組との事。

さっそくDVDを入手しました。素晴らしい作品でした。衝撃を受けました@@

wan-nyan-boo-toyota7.jpg

感想を・・・と思いましたが、急な睡魔に負けてしまう事にします。まずはおやすみでーす。

ケロヨンはクルマが大好き。偶然ですが、僕も好きなので、こういう木工玩具を作っていました。トヨタ7です。
オール木製です。僕がケロヨンを知らないなんて嘘だと思うくらい、大好きな世界観でした。

とりあえず寝ます。ケーロヨ~ン♪

共通テーマ:インテリア・雑貨

クラウドファンディングで100兆円 の巻 [えいがのはなし]

デス・スターのオーナーズマニュアルなるものが販売されおります。

↓リンク先はUSアマゾン。ふつうに紹介

https://www.amazon.com/Death-Star-Owners-Technical-Manual/dp/0804176612/ref=sr_1_24?ie=UTF8&qid=1482933996&sr=8-24&keywords=death+star

クラウドファンディングで100兆円くらい集めて作るべし。

デス・スターさえあれば世界征服できますよ。

(もしくはビグザムを作って世界中の悪いヤツをやっつけるのも面白そう)



来年はデス・スターを作ろうかな・・・・

LEGOのデス・スターだけどね*@@*

ネット検索したら、デス・スター10143のインストマニュアルが転がっていました。そのマニュアルを元にデジラさんでじわじわとパーツ購入していけば完成できそうですね。
基本的には特殊パーツが無さそう。挑戦してみようかな。

d-star.jpg

新品キットで購入すると、USアマゾンで2300ドル!

僕は箱とかにこだわりないのでそういういう道で完成を目指そうかと。

約3000パーツか。うーん。それなりに金額が掛かりそうですね。

レイア姫追悼記念ダス

共通テーマ:映画

スターウォーズ ローグ・ワンを観た感想 ネタバレ無し [えいがのはなし]

事前情報を一切無しに観に行きました。

※なんと‥‥。キャリー・フィッシャーさんが急逝。偉大なる女優。言葉がありません。スターウォーズシリーズ、ブルースブラザースとアメリカ映画の伝説的作品を演じたレジェンド。本当に言葉がありません。

続きを読む



共通テーマ:映画

君の名は。を観ました [えいがのはなし]

素敵過ぎる映画でした。

1800円という金額で、とても素敵な時間を過ごさせてくれた作品。

スタッフの皆さんがそれぞれのポジションで、最大限ガンバって作った事が、映像から伝わってきました。

僕が観てきた映画の中で、もっとも素敵だったと、疑いなくそう思える作品でした。

どんなストーリーか?まったく事前情報を得ないで見に行ったのですが、上手な演出で、すらすらと理解できました。何から何まで素晴らしいと思いました。

この映画を、中学生くらいの頃に観たかったな~。胸がキュンキュンしながら観たことでしょう。

もう一回観に行こうと思っています。

10年経っても、もっと過ぎても、きっと僕はこの作品を忘れないと、そう思うくらい、素敵な映画です。

記憶から削除して、もう一回、何も知らない自分で見にいけたらいいのに。そんな事も考えたり。

※二度観に行きました。
なるほどー!とオープニングから色々と。

一つだけ。気になったこと。重要な出来事のシーンで、物理の法則に著しく反するポイントがありますね。物語としての美しさとしてそうなったのでしょうが、僕が石ころを全力で投げたとし、ピークで急激に直角に落下するような、そんな事が起きてた訳ですよね。もしも物理の法則に沿っていたら浅い角度で地表に接触しているのでは。なんて思ったのは理系の男性かもしれません。

気にしないようにします。いいのです。アニメなのだから。

こういう意見を残しておきます。本当に素敵な映画だからこそ、一度目の感動を永遠に持ち続けるために、あえて、一度しか観ないほうがいいかも。
もしあなたが、あまりにも素敵だったから、二度観に行こうと思っていたら、あえて、観に行かないのも良いかもしれません。

なぜそう思うのか?脳細胞の構造上の理由ゆえ。一度目と二度目では、脳細胞の活発に動く箇所が違うからでしょう。一度目に活発化する箇所ではもう観れない。そしてこの映画は一度目に活発化する箇所で観る映画なのでしょう。脳は不可逆な性質です。一度目に観た感動を越える事は無いでしょう。

共通テーマ:映画

スターウォーズ エピソード7 世界一遅いレビュー?の巻 [えいがのはなし]

ネタバレ無し。まだ観ていないという方に向けての記事です。

やっと観に行けました。

素晴らしい映画でした。スターウォーズ7。
絶対に見に行った方が良いと思います。

僕の場合は事前に知っている事はほとんど無し。コンビニなどの期間限定ラッピングなどで、どうやら黒人さんと女性が主人公?なのは分かっておりましたが、時系列、一話完結なのか?全く知らないで迎えたこの日。やっぱり何も知らないで観に行くのが正解!と思いました。

二日連続で観てきました。

一度目はとにかく興奮を。
二度目は冷静に映像を細かく記憶に留める事が出来ました。
おそらく、続けて数度見るとよいと思います。数カ所にものすごく大切な伏線が。
それはあえて強く強調していないので(何度も観よという事だと思いますが)。

続きを読む



共通テーマ:映画

映画:ドラゴンボール ハリウッド版の感想 [えいがのはなし]

■250円で購入
近所の古本屋に行ったら、2009年に公開された、ドラゴンボールのハリウッド版映画のUsed DVDが250円で売られていました。

51JMHGu8pXL__SL500_AA300_.jpg

公開当時に日本のメディアでは「原作と違いすぎる」というような、ネガティブな話題ばかりが評価として目立っていました。

メディアで言われるように、違いすぎるとか、つまらないという評価も気になるところだけど、250円なら失敗してもいいだろう・・・。即決で買ってきました。[ぴかぴか(新しい)]


■原作とは違う・・。それを分かった上で観ると
確かに原作とは違います。

原作とは違うということを先に理解しておいて観ると・・・・・・。

★展開がスピーディで気持ちいい

★難しい脚本ではなく、1回みれば理解可能

★目に余る残虐シーンが無い。血がほとんど流れない

というのが僕の評価です。観終わった後に嫌な気持が残らない映画です。暇つぶしに向いています。
アクションシーンはマトリックスに影響を多々受けているのが伝わってきます。

ドラゴンボールの設定をベースにしたマトリックス的爽快アクション映画といったところでしょうか。

原作と違うという事を事前に理解していれば、楽しめる映画ではないでしょうか。ただし、10年後の人が記憶に残してくれている映画ではないかもしれません。1回観て理解できて、あ~楽しかったな~。さ、用事でもしようかな♪ という感じの映画ではないでしょうか。監督は超名作を残すつもりは最初から無かったのではないか?と思ったりしました。



■僕個人が思う事
監督自体が原作を再現する気はなく、ドラゴンボールの設定を元に実写化されているわけで、完成後に「違いすぎる」と評価され過ぎたのは、そのコンセプトのPRの徹底=広報戦略の失敗があったのでしょう。ここまで変えるのであれば、制作発表時から優先順位1で広報しておきべきだったのでしょう。
 公開前の事実関係を知らないのですが、原作の完全再現を公表していたのであれば、怒る人もいらっしゃるでしょう。公開前の広報が悪かったのかな?と考察します。


僕は広報の仕事の経験がありますので、もし、自分がこの映画の広報担当になったとしたら、このように考えたと思います。
・世界中で愛される作品の実写化。ファンの熱い想いは並ではない。⇒脚本は原作の再現を踏まえたものではない⇒ファンは原作の再現を期待しているのは想像に容易。⇒となると、原作とは違うモノとなると、原作とは違う!という声が公開後に世界中で沸いてしまうであろう。⇒公開前に、原作とは違うという事を理解してもらいつつ、原作のファンの方に納得して頂き、より多くの方に劇場に来て頂く広報戦略を練るべき。

 それを実現する広報を成功させていれば、「原作とは違い過ぎる!」という評価で圧倒されなかったはずだと思ったりしました。
 ちょっと違う例えですが、激辛ラーメン屋さんが、激辛を広報しないで商売をしていたら、出てきたお客さんが「このラーメン屋、辛過ぎ!!」と怒って出てくるでしょう。しかし、ちゃんと激辛を大きく広報していれば、そういう不幸はないわけです。入店するお客さんがすでに激辛を承知なわけですから。

みんなが良く知る作品を映画化する・・・・。ビジネス的意味合いからもメリットが高いわけですが、それゆえ、事前説明などが非常に重要だ・・・。そんな教訓を後世の人々に残した映画になってしまいました。

原作を大胆アレンジする際は、色々な意味で難しい挑戦であるということなのでしょう。




原作の再現を期待していて、この映画を観た方は相当ショックだったでしょう[がく~(落胆した顔)]

観た人であれば知っている、あの衝撃!?のラストシーン。世間の評価からすると続編は厳しい!?そういう事情を踏まえて考えると、あのラストシーンは別な意味で語り草になりそうですね・・・・[ペン]

観てない方はお時間が出来た時にどうぞ[目]



mogumini.jpg

もぐらのもぐ制作隊

http://www.mogura-no-mogu.com/



nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画 【ツールドフランス・マイヨジョーヌへの挑戦】  [えいがのはなし]

ツール・ド・フランスとは、約3週間の期間、自転車で市街地や山岳地帯を走りまくる
超過酷なスポーツの大会。そして、その映画です。

その大会を、使用する自転車やウェアといった「モノ」の説明を殆ど排除し、

その大会に関わる人間達の「ココロ」を掘り下げて進行していく映画です。

チーム・テレコムのエリック・ツァベルを始めとする各選手の語る、
印象的な言葉、哲学的なメッセージ。

美しいフランスの風景。

それらが、淡々と続く映画です。なぜか何度も観てしまいました。


もの凄く重要なシーンには、あえて説明がされていない事が多く、それはあなたが
気がつきなさいという事なのでしょう。この映画はツール ド フランスの上級者向け映画といったところでしょうか。

2003年大会について、そして大会全体についてよく知っていればいるほど、深く楽しめる映画です。

だから、何度も観る事ができるし、その度に気がつく事があるのでしょう。

めちゃんこ深い映画です。


日本ではあまり有名ではない映画?みたいで、ウィキペディアではページすらありません。




過酷な試練。それを乗り越える為に必要な自己犠牲の精神。それらを求められるのがツールドフランスであり、それが美しさなのだ。

と教会にて全身全霊で語られるシーンは、なぜか美しさすら感じてしまいました。(もちろんその教会もツールド・フランスに関係がある)



それで、なるほどなと気がつく事がありました。

欧州では、モータースポーツでレース中に事故が起き、ドライバーやライダーがなくなっても、
レースが中止になったりしません。日本ではすぐに中止になりますよね。

その差の根底には、レース中の事故は、崇高な行為の犠牲であり、他人に代わり危険を冒すという自己犠牲の美しさ=キリストの受難と同じ美しさ=キリスト教的な考え方=欧州の人のデフォ心理というロジックがあり、

そういう、崇高な犠牲というのは美しいのじゃ!ということなのでしょう。

だから、でかい事故がおきても、ふつうに大会は続けられるのか~と勝手に解釈し納得してしまいました。




貴重な映像も多数収録されていて、

ツールドフランス好きな方で、もし観ていないのなら、必見の映画だと思います。

過去の大会の貴重な映像では、後輪の左右にギアが1枚ずつついている、クラシックな機構
を観れたり、アームストロングが観客の袋にハンドルをひっかけてしまい、転倒してしまう
シーンなど、1瞬1瞬が、貴重な映像で溢れています。

キャラバン隊のアヒル?ひよこ?が気になってしまいます。てか、通勤に使いたいかも。

とにかく哲学的な映画ですね。そういうのが好きな方に特にお勧めです。

エリックの笑顔は印象的ですね。過酷な大会の中で生きているアスリートには見えない、
穏やかな人ですよね。



もぐらのもぐ インターネット絵本 フリーサイト

http://www.mogura-no-mogu.com

blog_banner.gif












nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

スカイ・クロラ の感想 [えいがのはなし]

スカイ・クロラ。

近年のアニメ映画の中では、かなり渋い系の映画だったと思います。

映画館で見た時は、風の音が印象的でした。

僕の家のシステムはスピーカーが良くないので、DVDで鑑賞すると風の音が聞こえません。ちょっとがっかり。



「大人の男」への敵対心。

「ティーチャー」という勝てない存在。

青春映画の「敵」をこういう形で描いているあたりが、この映画カッコイイところかなと感じました。


何度も観ていると、セリフの一つ一つに整合性があり、なるほどと理解しながら楽しめる
ところもまた、スカイ・クロラの魅力だと思います。


と、ここまでは無難な感想の話。


さて、スカイ・クロラに籠められた真のメッセージについて、追記しておきます。


続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
えいがのはなし ブログトップ