もぐらのもぐ インターネット絵本←こちらからリンク
So-net無料ブログ作成

ヒノキで寄せ木細工の巻 [無垢材の話]

今回の記事は身内ネタです。

2015年から開始している大規模リフォーム。
床下を完全に作り直す、水回りを配管から。外壁を外して窓の位置を変えた上で間取りを変更、断熱材入れ替えなどなど、いわゆるリノベーションとかスケルトンリフォームと呼ばれる大がかりなリフォームですが、一階はほぼ新築状態です。
 まずは大がかりな部分を終えて装飾的な部分は追ってやろうという事で2016年~2017年はほぼ手が止まっておりました。

気づけば住み始めて2年・・・・・。そろそろ壁紙が貼られていない部屋があるなど殺風景な空間に飽きてきてジワジワと再開しています。壁紙は和紙で進めています。小川町の和紙会館で購入しております。

hinoki-senmendai-2018-0525.jpg

最近ではここを進めてみました。化粧台の真横の壁です。化粧台を設置する前に手をいれておくべき箇所でしたが当時は時間が足りなく見送ったら長引いてしまいました。

hinoki-senmendai-2018-0528.jpg

こちらは表面仕上げ中の様子。

土地が30坪弱の小さな家なので脱衣場は1坪サイズ。なので化粧台はこんな壁際にまで追いやられており、化粧台と壁の隙間は平均3ミリ。水が撥ねた時にどうしようか?と考えておりました。厚さ2ミリという大変薄い無垢ヒノキ板(幅4センチ長さ90センチ)を一枚貼っては乾燥を待ちまた一枚貼っていく・・・そんな風にジワジワと寄せ木。凸凹が現れますからカンナで整えたり、隙間をパテで埋めてウレタン塗装を行いここまできました。手で触ってすべすべです。凹凸がありません。羽目板では凹凸がそれなりに出来てしまい浸水や清掃で難を抱えそうです。しかしこの施工ではシームレスなので清掃が楽という利点があります。余程の事がない限りこの家を建て直す時まで交換不要でこのままの綺麗さを保つことが出来るでしょう。

少し仕上げが甘かったところが判明したので作業を少し戻って再仕上しようかな・・・・・というところで先週の高熱からのダウン。こんな状態で止まってしまっております。

現時点で機能的には十分であり、ウレタン塗装ですから水滴をさっと拭きとれますし清潔ですね。これはやってよかった。

上部は面白く収束させてあります。それは現地でどうぞ。壁紙との張り合わせが面倒臭いですが自分でやるから遊べます。

もしも同じ事をしたいなという方がいらっしゃったら・・・・新築なら集成材のフリー板を施工すれば良いのでリフォームでの話になりますがプロに頼んだ方が良いと思います。プロが丁寧にやればやるほど綺麗に仕上がります。3~4日掛かるはず。現地での採寸や準備を含めれば4日~5日掛かるかも?それでおおよその予算がイメージできるのでは?そして・・・・無垢材の取り扱いに長けている方に施工してもらわないと後で大変な事(ヒビ割れなど)が起こってしまうかも。今回ノウハウ公開はしませんが、その辺の事を考えないでペタペタと貼って作業すると・・・・後で大変な事になると思います。そしてそもそも貼っている最中にも大事件が発生すると思います。
これに関しては無垢材に詳しいプロに頼むと良いでしょう。

今年中に一階の完成を目指しています。さて間に合うか。

各部に無垢材を用いて一手間掛けてみます。基本的には壁には無垢材を使わないつもりです。