もぐらのもぐ インターネット絵本←こちらからリンク
So-net無料ブログ作成
検索選択

やっぱり寒冷化し始めてる?備えよう!の巻 [まじめな話系]

太陽活動が弱まり始めていると囁かれ始めてそれなりに経ちます。

最近、南関東でも氷点下になる日が多くなってきました。

昨年は地球が暑かった、というニュースがありますが、それは寒冷化直前に起こり得ることだという学説があります。日本の政策やメディアの論調では温暖化が加速するというようなものですが、海外では寒冷化に舵が切られ始めています。余程の事態なのに呑気なものです。

さて、個人レベルの話になりますが、他の記事でも語りましたが、寒冷化を見越して、2015年の自宅リフォームでは、北海道地方並みの断熱材を用いてみました。

江戸時代に起きた寒冷化の時代には、江戸で七月に雪が降ったという記録があるそうですから、南関東でも北海道地方並みの断熱材の選択は大袈裟なことではないでしょう。

光熱費が安く済みますし、投資効果が高いです。

★さらに
太陽活動が弱まっている時期は、天変地異が続くという学説もあります。かつ、冬に大地震が起こりやすいのでは?という学説もあります。

南海トラフの大地震や首都直下地震、相模トラフの大地震が起きたら、とんでもない未曾有の危機となります。せめて二週間分くらいの食料を確保しておかないとヤバイと思っています。
僕は三週間×人数分備えています。未曾有の巨大地震となればそれで足りるのかな。

311の後には備蓄ブームがありましたが、あれから数年が過ぎて意識が低くなっているような気配が。

しかしです。巨大地震には周期性があることは間違いなさそうな訳ですから、昨日よりも今日のほうがリスクが高まる訳なのです。その日に向かって進んでいるといえます。

それなら、昨日よりも今日のほうが、備えるべきと言えるのです。

さあ、今すぐ備えよう

共通テーマ:ニュース