もぐらのもぐ インターネット絵本←こちらからリンク
So-net無料ブログ作成
検索選択

盆栽用の鋏(はさみ) の巻 [盆栽のはなし]

盆栽用の鋏(はさみ)を買いました。

今回購入した鋏(はさみ)は、太い枝を抜いたり、ちょっとした大きなコブを抜く、又枝切り兼コブ抜き。サイズは特大。国産の鍛造品です。

枝を抜きつつ、丸く奥にえぐる感じで鋏の痕が残ります。
さっそく使ってみました。ケヤキの太い枝を、スパッと抜けました。驚きです。ケヤキって堅いのに。

木の傷口は盛り上がるように治る訳ですが、丸くえぐるので、盛り上がってきた時に平らになり、傷口がより目立たなくなる特殊工具です。

それを使わないで枝を抜くと・・・傷口が目立ってしまうわけです。盛り上がってしまい、凸になってしまうわけです。

趣味で盆栽を楽しんでいる人の多くが、そういう特殊工具を揃えないで、無理やり切ってしまっているのが実情で、せっかく雰囲気が良い盆栽に仕立ててあるのに、枝を抜いた新しめの傷口が、ふつうの鋏で抜いてあると、もったいないなとおもうわけです。(購入時のチェックポイント)

バイクやクルマの工具に比べれば高い物ではありません。盆栽を始めようという方は、ぜひ、良い鋏を一通り揃えてから始めると良いと思います。

数年、数十年付き合っていくわけですから、後で後悔するような事をしてはいけません。道具を揃えて万全の態勢で始めるべきだと思います。

プロの仕事か?鋏の痕で分かるようになってきました。
僕が今年の春に買った大品の五葉松。又枝ぬき鋏を使わないで枝を抜いてあるな~。ダメじゃんね。

その観点でチェックすると、最初の作者さんは腕が良く道具を揃えていたようです。次の作者さんは、いい加減でスパスパと枝を脱いていたようです。かつ下手っぴ。五葉松ちゃん可愛そうに。

やり直せないものか考えてみます。




共通テーマ:趣味・カルチャー