もぐらのもぐ インターネット絵本←こちらからリンク
So-net無料ブログ作成
検索選択

発根促進剤ルートン、スゴイの巻 [木のはなし]

挿し木した際の発根促進剤であるルートン。

そんなものがあるのか!と今年の春に知り、イタズラでヒノキや屋久杉に塗布して様子を見ておりました。

結論から言えば、目に見えて発根が促進されます。

発根までの時間が早まり発根数が多くなります。

三月中旬にヒノキの葉を落とし、プラ製の鉢に鹿沼土のみ。そこにルートンを塗布して挿しておき、ラップで覆っておきました。密閉はしません。

ルートン無しではまだ根が出ていませんが、ルートンを塗布したものは早速発根しております。

しかも根の数が旺盛。ここまで根の数が違えば今後の成長も大きく異なる事でしょう。

昨年にルートン無しで挿し木しておりましたが、明らかに結果が違います。

ルートンは数百円で買えるものなので、挿し木をしようという方にオススメします。すごい。

★オマケ話
今年の春に、実生から育てている樹齢二年のヒノキの剪定をしました。
剪定から1週間以上過ぎたある日、落とした葉が鉢の中に残っており、青々としていたのです@@
まじか!なんという生命力!と驚き急いでルートンを塗り挿し木したのです。
さきほど根が出ている事を確認しました。なんという生命力。

そのヒノキを水耕栽培してみます。これだけの生命力ならば大丈夫でしょう。