もぐらのもぐ インターネット絵本←こちらからリンク
So-net無料ブログ作成
検索選択

【各サイト使ってみた】ハンドメイドマーケット minne(ミンネ)、ハンドメイドマーケットプレイス iichi(いいち)、Creema(クリーマ)、tetote (テトテ)、dクリエイターズ等、 ハンドメイドサイト、ハンドメイド作品、手作りマーケット&ギャラリーサイト、ハンドメイドマーケットで販売してます♪【作家登録利用者・比較・ランキング・口コミ・売る売れるコツ・レビュー・評判】 [ハンドメイドのはなし]

近日大きくリライト予定‥‥なんだけどちょいと忙しいので少々お待ち

※以降は作家向けの記事です。

買い手の皆様向けの記事はこちら・・・
http://mogura-no-mogu.blog.so-net.ne.jp/handmade-buy


僕が買い手となって名作を探す記事も公開開始です。
http://mogura-no-mogu.blog.so-net.ne.jp/handmade-master-piece01

【当ぶろぐ的大ニュース!!】

新 作 完 成 !

ハンドメイドサイトのお話の前に!!!

当ぶろぐはインターネット絵本の運営ぶろぐです。
といっても、ビジネス目的ではなく、趣味で絵本を描いたがノーマネーなので出版する事なくネット絵本として公開していました。

そして、ハンドメイド作家として木のおもちゃを作っていたら!
(株)フームさんの目にとまり、オファーを頂き、もぐらのもぐが動画化されることに!
オープニングムービーが完成。公開開始です♪

あのね、見ちゃった人は70%くらいの割合でハッピーになります♪
恋は叶うわ、欲しかったものがバーゲンされてるわ、ハンドメイド作品は売れまくりだわ、女子力あがるわ、ハチャメチャハッピーなことが♪
youも見ちゃった方がいいと思いますよ♪(もぐらのもぐ調べ・推測値)

ハッピー数割増しですよ♪



もぐらのもぐ動画、新作完成でーす!告知より1年半ほど経過しましたがすみませんでした


★さいきん思う事★ 2016.11.15
ハンドメイド作品の売買サイトは、日本では2011年頃に数多く生まれ、2016年ではそれなりの金額が取引されるところにまでやってきました。

しかし、ここまでは昨年比で数倍から数十倍と伸びてきていたのですが、2016年の春辺りからでしょうか?その伸びが鈍化していると噂されています。噂とは、利用者さんなどからです。

それもそのはず。

常識的に考えればわかる事なのですが、日本は家が小さいので収納に限界があります。無限に買い続ける事は出来ません。

また、そもそもハンドメイド作品は買って大切にするもの。長期的展望として、定期的に劣化したり消耗していくものとは異なります。ビジネスでは買い換え需要というものは大変大切な事なのですが、ハンドメイド作品の売買サイトはそのような需要はあまり期待できないわけで、ある程度、需要を喰ったら、要はピークを過ぎたら下降線を辿ることにはなるでしょう。もう、今回ほどのピークはないかもしれないという事です。

ハンドメイド品ではありませんが、ブームといえば、ガンダムの食玩市場。初期はかなりすごかったそうです。しかし、ある程度需要を喰ったら、下降線を辿り、ピーク時の数十分の一とか、そんな規模にまで下降し、そこで安定期に入ったそうです。

こうなる事は誰にでも分かっていた。でも、こうなった時の事を、某サイトの運営さんが考えているようにも見えなかった。食品を解禁するとかそういう事でなく、打つ手はいくらでもあったのに。
(クリーマさんiichiさんはその辺の事も考えているように僕は感じております)

某サイトさんは、業界規模を広める役を担当してくれてはいましたが、後先考えない広め方にはうつりました。それゆえ、某サイトさんは作家側からの好感度がいまいちなのだと思います。

現在はピークか、もしくは下降線に入り始めたところ?ある程度落ちたら、そこで、経営が苦しくなるハンドメイドサイトがあるかもしれませんね。
今から出来る事は、運営スタッフさんの数を絞り、最低限のチーム体制を築く準備を築いておくことでしょうか?

最大限、問い合わせがないような平易な解説、最大限、問い合わせがないように、作家に対し、常識力を教えておくなど、人件費を最小限にする施策が望まれるところでしょう。

魅力ある作品を作れる作家さんは多少の落ち込みがあっても、それほど気にしないでいいかも。

僕としては・・・・・・・日銀風に言うのであれば、質的緩和をする時期にきているのかと。
iichiのジュエリー作家さんが、ジュエリーは高額というわけで、オリジナルローンを出品で行っていました。5回払いをご希望のお客様がいれば、5か月に渡り、毎月分割して出品する訳です。作家としては面倒ですが、お客様としては嬉しいですよね。金利ゼロで分割できる訳です。

いつものお小遣いで、少し高価なものを買える。ささやかな楽しみです。もちろん、それをするには様々な事が考えられますが、たとえばテトテさんは、作家側も買い手側も評価という数字がありましたよね。
その数字って何のためにあるのか?そういう時に利用するべきでは?テトテ運営さんに、あの評価の数字ってなんなんですかね?と2012年に尋ねたとき、明確な返答がなかったのですが、評価が30以上になると、作家さんがOKであれば、分割でオッケーに出来るとか?そういう「質的」なところを緩和するべきでは?

そうすると、まあ、例えば、お小遣いが3万円の人でも、10万円の作品を買ってくれる層にもなるわけです。
そりゃ、クレジットカード払いなら分割は出来るわけですが「質的」な理由で、敬遠されがちですものね。

アンケートで聞いてみるべき。もしも、金利ゼロの分割が出来たら利用したいと思いますか?と。

まあ、いいか。はい。次にいきましょう。


★本文へ★
このページは半端じゃなく情報量が多いです。日々更新しているうちにものすごい情報量になってしまいました@@

というわけで、数日に分けてお目通しくださいませ♪


★ニュース★
当ブログへの検索ワードで少なくはないのが、ミンネさんの出品に関する操作のこと。画像登録、テキスト登録を終えたはずなのに、ギャラリーページに表示されていないという事のようですが、下書き状態にしておくか?出品状態にしておくか?初期設定では非公開設定となっているので自分で出品状態に切り替えましょう。おそらくは非公開状態になっているはずです。コンセントを挿し忘れたトースターを永遠に待つようなものですよ。

よくあるミスです。これはどのサイトさんでも存在する設定なので注意が必要です。焦らないでね♪

さて

こんな記事を公開している事から、ハンドメイド作家さんからメッセージを頂く事が度々ありまして生の声が届きます。そんな声を踏まえて更新しています。

PC版だけでなく、iPadで各サイトのアプリを利用開始しています。
各サイトさんの思想が現れていて面白いですね。


★★ぜひアクセスして欲しいサイト★★
ハンドメイド作品を販売していきたい。ハンドメイドサイトに限らずリアルでも。
そんな作家さんに、ハンコ作家のかおさんが、親身にアドバイスやノウハウを公開してくださっています。
http://pipopa.info/handmade/

ハンドメイド作品を販売したい♪という方は以下の記事を読むより、まずはかおさんのサイトにジャンプした方がいいと思いますよ。

一つ一つのメッセージが心に響きます。

すごくオススメのサイトです。



★★緊急追記★★
最近、またまた多くの作家さんからメッセージ頂きました。
なるほど~。色んな視点からのご意見、ご感想、参考になりました。

それとですね、相談メールもよく頂きますが・・・・
僕は‥‥応援する事しかしませんよ!やめろとはいいません。

作家は作ってこそナンボです。
雨の日も、晴れの日も、春夏秋冬、嬉しい日も、悔しい日も。何があっても手を止めない事。
疲れたらじっくり休むべきだけど、結局作るしかないのさ。

そうして僕はここまで来たんだけどね。

youもそうするべき♪


______________________________________


民放でたびたびその名を聞くminne(ミンネ)。
そして、Creema(クリーマ)、ピンコイ※旧iichi(いいち)、tetote (テトテ) ハンドメイドマーケット、ハンドメイドサイト、ギャラリーサイトを作家利用して感じたことを書き溜めている記事です。
パッと検索してすぐに調べられるような事ではなく、使ってみなければ分からない。そんな事に注目してみました。

僕のハンドメイドサイトの利用歴は間も無く四年になります。四百回以上の取引を経験しております。(500回前後?)300円の作品から10万円台の作品を全国のハンドメイドを愛するお客様にお届けしてきました。

ハンドメイドサイトで人生がより良いものになっています。

そして、この記事はあくまでも利用した経験に基づき書いております。

四つのサイトを積極利用しております。利用しているうちにお仲間さんも増えてきまして、仲間から得た情報も盛り込み記事を書いております。

また、twitter、facebookなどは用いないで、地道にハンドメイドサイト内で、良い出品方法を模索しながら利用し続けています。作品を作り、ただひたすらに出品していく。ハンドメイドサイトへの出品だけでどうなるのか?見極めようとしています。


■まずは最新の業界の様子。各サイトの概要

冒頭で述べたとおり。
クリーマ(Creama)さん、ミンネ(minne)さんがこの業界のツートップです。
この二大サイトさんは、無意識的にでも、棲み分けを模索しているのでしょうか。
どちらかのサイトがいずれ滅びるとか、そういう印象は受けません。もう、この二大サイトさんは経営的に、次の次元へ進んだと断言できるでしょう。

基本的には女子女性向け市場に業界全体が進んでいます。
数年前はユニセックスな市場開発に取り組んでいるサイトもありましたが、日本市場は男性購入者さんがめちゃめちゃ少ないですからね。女子女性の買い手さんに好まれる作品を売買する場。
これ、最初の一歩目に踏まえておきましょう。男性向け作品を作る作家は‥‥。ハンドメイドサイトの利用は現時点では大変厳しい状況です。



ミンネさん、クリーマさんはキャラクターが異なります。
一言で表現できないので、各サイトにアクセスしてみてください。YOUの世界観に合致する、お好きな方をメインに利用すると良いかと。

ちなみに、僕のところでは、ミンネさんは2000から12000円の範囲で週に数個売れて行きます。
クリーマさんでは、2000円から13500円の作品が売れて行きます。高価な作品はクリーマさんの方が多く出るイメージがあります。auとの連携が始まったクリーマさんはジワジワと着実に浸透中。まだまだ伸びることでしょう。そして、このデータは他の作家さんのところでもこんな感じのようです。客層が違います。

本格的に頑張る作家さんはクリーマさんをメインに選ぶ傾向が間違いなくあります。


おまけ情報です。

クリーマさん運営さんのこの仕事に対する覚悟や熱意は、多方向からヒシヒシと伝わってきます。
先日、僕の作家仲間がクリーマさんに取材を受けたのですが、2015年の関東は盆以降雨が続きました。雨では良い写真が撮れない‥‥‥。何度も何度もリスケして晴れの日に取材敢行されたそうです。そんな事はブログ記事には書いてありませんでしたが、良い情報の為にはリスケを厭わない精神。それを良しとする運営さんの思想。そういうこだわりが、作家的には大変嬉しいものです。(当然リスケはお互いの前向きな了承の元)その他にも、クリーマ運営さんの熱いお話は届いてきております。ぜひ、今後にも期待です。ぜひ、登録したいサイトです。

iPhoneユーザーさんからの声では、iPhoneからのクリーマの操作が大変便利との事。例えばお客様に画像を送信したいな、というシーンでミンネさんではエラー発生が少なくはないです。
クリーマさんではスパっと送信可能。うーん。大きなところから本当に小さなところまで、繊細に便利に作り込まれている。しかも、今日もどこかが進化してるという。

特に、人気作家ともなるとサイト使用時間が長くなるわけで、クリーマサイトさんは大変助かるという声が本当によく聞こえてきます。

それらの細やかな運営が、長期に渡って継続していった時、わりかし大味な運営のミンネさんとどんな差をもたらすのか?

楽しみです。





いやいや・・・二大サイトの業界?ふっふっふ。そうは問屋が卸さないぜ!と、他のサイトさんも頑張り中。
他のサイトさんの概要も紹介します。

※リライト中



さて、ナンバー4に位置するのは、tetote (テトテ)さん。
ミンネ運営会社の資本が入り、ミンネさんのBチーム的に利用していくのか?常識的に考えて、五分五分の力加減では進めないでしょうから、10という原資があれば8:2なのか?9:1なのか?注目です。

自分のチームで行えないような事をBチームで試し、良好な結果ならAチームで。ビジネスにおいてのBチーム保有は先行実験に用います。この業界でもそんな事が行われているのでしょうか。さてはて。

サイバーエージェントで始まったtetoteさん。市場誕生期の頃はアメブロとの連携などもあり、将来を約束されたような存在でした。しかし、サイバーエージェント社の株価急落のニュースが流れた2012年夏頃、手芸材料会社さんへ身売りとなりました・・・。いずれ大きな利益を生むであろうサイトだとは分かっていても、投資していくモチベーションを藤田社長が無くしたのでしょうか。
初期テトテさんの運営はとてもお上手で、きっと業界の中で大きな存在になると予感させてくれるものでしたが・・・・。ビジネスの世界は何が起こるか分かりません・・・・。

現在では、手芸作品をメインに、あったかハンドメイドサイトとして利用されております。ママさん作家さんが多いサイトです。


★最新ニュース★dクリエイターズさん消滅。

docomoグループの、dクリエイターズさんが昨年登場しましたが、参入時期が遅かった…。もっと早ければ…。開始早々失速気味です。成約手数料が高い、人は少ない、ライバルが多い中でマイペース過ぎた感じ。僕も利用していませんし、あまり利用している人がいません。登録に書類が必要だったり、とにかく面倒臭いという話。うーん。超大規模広告で一発逆転に賭けてくるか?そんなサイトさんです。もう少し盛り上がってくれば登録してみたいと考えます。慎重な方は様子見している感じです。

そんなサイトあるの?なんて方の方が多いかもしれません。あるんです。幻ではありません。

最初期に、上から目線運営だったのが失敗の原因だと推測します。確かに大きな企業のサービスですから無意識的にでも上から目線になってしまうのでしょうが、今なら書類での登録を免除してやるよといった、いえいえ別にクリーマさんやミンネさんがあるんですけど?というあの場面であの特典とあのトーンはマズかったと思います。後発組だからこそ何が求められるのか?空気を読むべきだったかも。みんな、シラーっとしてましたね。




さて、
ヤフオクにハンドメイドカテゴリーがありますがいかがですか?なんて質問が。その質問を知人に転送してみました。その知人いわく「ヤフオクは欲望のうずまく場所・・・・。姉歯マンションのように巧みに手を抜き、高級そうに演出して売りぬくのが得意な人には向いているかな・・・。逆に真面目にコダワる人は損するような場所。騙すか?騙されるか?前者側の人間はヤフオクは天国だよ・・・・くっくっく。」との返事が。
あくまでもとある1人の意見ですが・・・そんな怖い場所なの!?まあ、確かにヤフオクはデンジャラスな匂いがプンプンするイメージがあります@@,

ヤフオクから姉歯さん的なハンドメイダーがやってきているとか?ハンドメイド業界の評価を落としかねない手抜き工事もあるわけで、ちょっとヤバめですね。

ハンドメイドサイト界は現在こんなイメージです。



まずは全部のサイトに登録して様子を見るべき、という意見もありますし、まずは二大サイトに絞って登録して、そこで粘ってみるべきという意見もありますが、時間が許す限り、人気サイト順に出品していくべきかなと。ただし、どのサイトも均等に活動できないのであれば、人気サイトから優先的に。

ただし、どのサイトでyouが人気が出るのかにもよります。やってみなきゃ分からない。
まだまだこの業界は流動的な状況です。

───────────────────────────────────────────




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


★専門用語をつかわずに、なるべく易しい表現を心掛けています。

では、ここから先は各ハンドメイドサイトのレビューです。

※アフィリエイト無しのふつうの個人ブログ
※少々厳しい表現もありますが、僕への批判なんて気にせず、これから作家デビューする方の為になればと思います。良いものは良い。悪いものは悪い。と。なので、オブラートに包んでる系のトーンでないと私ダメなの‥‥。そういう方はここで回れ右。ブラウザの戻るボタンでアディオスです。
いいですか〜?(言いたいことも言えないこんな世の中は〜POISON♪)

【注意】
根拠としているデータがお仲間さん内で集めたものなので、大量だとはいえないデータを根拠に計算している部分がある事です。あなたがこの記事のあとに周囲で独自調査をしても、そんなに大差ない結果になると思いますが(極端な結果は出ていない)、所詮は個人ぶろぐ。されど個人ぶろぐ。そのような記事であるとご了承の上でお読み下さい。完璧な記事じゃないけど、読んでおいて損はない。そんな感じの内容です。いずれにしてもこの記事だけでなく自らでもSNSなどで情報を仕入れましょう。あくまでも一つの意見であるという事です。


────────────────────────────────────────────────────────


【以降、各サイトを呼ぶ時の「さん」を省略します】
すみません、よろしくです。(ペコリ


★レビューは所詮レビュー
とある売れっ子作家さんのお話しですが、まずは無料なので全部登録してみるといいかもとの事です。
自分が思っていたサイトとは違うサイトで、人気が出たとの事。まずはやってみなはれ。という事ですね。

※現在リライト中。ちょっとお待ち♪2016・3・26


◆minne(ミンネ)
2015.3.1 校正

【超大切な話】
先にお断りしておきます。

確かに、minne(ミンネ)さん、クリーマさん、は二大人気サイトです。

人気サイトになると、人が集まってきます。すると、色々なポジティブなものが集まってきて、プラスの連鎖に入っていきますよね?ハンドメイドサイトは10サイト以上存在しますが、数年前はどのサイトも規模はそんなに大差なかったのですが、その後、実力のあったサイトがメキメキと成長してきて、今では大差が現れてきました。

そして、二大サイト業界と言われる状況になってきました。

しかし、まだまだ日本のハンドメイド売買の盛り上がりはピークに達していません。
各サイトさんも買い手のお客様を増やす努力をしてくださってはいますが、一説には予測されるピークに比較すれば今はまだ10分の1程度の盛り上がりだそうです。そのピークに早ければ4~5年後に到達するのではというお話です。(2014年iichiサイトより)

まだまだ、日本のハンドメイドマーケット文化は始まったばかり。ですから、まだまだ、みなさんが思うほどにはバンバンとは売れないかもしれません。しかし、未来は明るいと信じ、今、極端に頑張りすぎてピークを前に疲れないようにするべきかなと思います。

たしかに良くはなってきています。2011年にハンドメイドサイトが立ち上がり始めた頃は、もう、めちゃめちゃ売れませんでしたよ。本当に。今はその頃に比較すれば格段に売れるようになってきました。tetoteのスタートから約1年間(2011夏~2012年夏)、販売した作品数(サイト全体での数)が、システムエラー?にて一般ユーザーでも見えてしまっていた時がありまして、あの頃はサイバーエージェント運営だったtetoteの規模でも最初期は1日に数十個程度しか売れていませんでした・・・・。一つのサイトでの数ですよ?あんなに広告を出して・・・・。そして2011年と言えば大震災の直後。大変な時期のスタートだったのです。その他サイトさん達も初期はそういう状況を乗り越えてきたと思います。その他サイトさんでも、どう見ても一日に二桁の数くらいしか売れていない感じでした。でも、今はそんな事はありません。

じわじわと環境は良くなっていきます。今はまだまだ。ですから、焦らない事。自分だけの問題では無いという事。ここは運営さんを信じて、焦らず焦らず、ピークへ向かいましょう。その時の為にスキルを積んでおきましょう。(極初期のあの地獄を知らない作家さんが羨ましい。いやー、地獄だった)


では、minne(ミンネ)レビュー開始です。

minne(ミンネ)ニュース

テレビでCM開始。これまでとは違う層にも浸透して行くことに期待。

出品時に価格を入力する際、そのカテゴリーでの相場価格が表示されます。これは有益なアップデート。

みんなのminne(ミンネ)。そんなサイトへ向かっています。

機能はすごくシンプルです。めちゃめちゃ覚え易い。この業界内で一番です。
機能はあればいいってものじゃない。なるほど‥‥。ミンネさんは熟慮の末に、シンプル機能で業界ナンバーワンサイトに登ってきていたのか。神ですね。みんながミンネいいわーっていう理由は他にもいっぱいあるわけですが、わーーーー。目から鱗ですねーーー。拍手です。思い切った決断です。

女子女性って多機能という言葉にピクンと心動かされないものですよね。

★ミンネ概要★

minne(ミンネ)は本当に運営がお上手です。さりげないけど、実は色々すごい。さらりとすごい。

福岡に運営本拠地があるとの事ですが、大ヒットゲーム妖怪ウォッチ制作会社のレベルファイブ社も福岡。なにやら東京の会社には無い何かがあるのでしょうか?

そんなminne(ミンネ)、サイトも賑わって、作品を出品しておいて、例えば、お気に入り登録される数、作品が売れる数はミンネさんが多いです。それだけ見てくれている人が多いと言う事。
ただし、ミンネさんは作品ページへのアクセス数が非公表です。どれだけ見られているか分からない。
けれど、売れる、お気に入り登録される数はミンネさんがこの業界の中で抜きんでているイメージです。(実は非公表というのも快進撃の理由かもしれない。なので安易にシステム変更して!とは言えない気がしています。ナンバーワンには理由があるものです@@)

サイトのネーミングも良いのがポイントです。リズム感よし。音声で聞かなくても正しい発音を想像し易い。
minne ミンネ。よみ易いですね。おぼえ易い。親しみ易いネーミングはとても大事です。自分が覚えたり他人に紹介したりする時に瞬時に記憶に刻まれる。

サイトの最初の一歩であるネーミング。ここで躓(つまづ)いてるサイトさんはある意味将来が見えているといえます。


minne(ミンネ)のイメージを一言でいうのであれば「女子サイト」

作家デビューするなら、一番敷居の高くないサイト。
女子の、女子による、女子の為のサイト。僕はそう受け取っております。

ハンドメイド業界の中で王道を征く。そんなサイトです。ど真ん中を進んでいます。
(日本の女子がイメージする【ハンドメイド】という言葉のど真ん中というイメージ)
そして、女子が一人で安心して入って行ける、この業界の中で一番身近なサイトです。

時代の空気の色を読んでいる?いや、調色して作っているのかもしれません。
無難な選択をしているだけではなく、ミンネから発信するという、しっかりと自ら達の意思も持っています。

ミンネさんについて色々

造語しちゃってもいいですか?ズバリ「女子作家
なんと、2014.08.20現在、検索しても一件もヒットしない単語を造語です。
ハンドメイド女子作家はヒット。スパーンと短く「女子作家」は使われてないみたいですね。
もう、女子作家でいいんじゃないですかね。

入魂作家、オッサン作家、イケメン作家、キモヲタ作家、腐女子作家、セレブ作家‥‥。いろいろ世には作家がいますが、ミンネは、「女子作家」が活躍できる場だと思いますよ。
それは、年齢でなく、心が女子の作家という意味です。女子作家は今すぐサンダル脱いでminne(ミンネ)に緊急ダッシュです!

この業界にはいつくかのサイトがありますが・・・・最も親しみ易い、気軽に入れるお店的なイメージになってきています。気軽に買える作品もいっぱい。そこ大事ですよね!女性は他にも色々大事な事がありますから。

────────────────────────────────────────

minne(ミンネ)の場合は、手仕事の質とか作品のクオリティーという事よりも(それも大事だけど)あくまでも雰囲気。雰囲気がステキだな~という作品は、例え市販の部品を二つくらい組み合わせた作品でもトップページで紹介されます。ということは、ささっと作ったものでもぜんぜんオッケーという事です。
すごーく気楽な気持ちで作家デビュー出来ちゃいます。今から材料を仕入れ、瞬間接着材でペタッ。写真をパシッ、minne(ミンネ)に登録ポチッ、明日には発送してるかも。そんな超身近なサイトです。
それこそ、イオンモールにショッピングに遊びに行くかのようにお気軽に。買うだけじゃなく、作って作家になっちゃおう♪そういう気楽な雰囲気なサイト。

確かに、作品の手仕事の質とか大事です。でも、楽しい事も大事。
そもそも、楽しむために生きている。そういう思想がふわふわっと伝わってきます。

────────────────────────────────────────

売れた時に作家に課金される作品販売者の成約手数料は10%!
後述のiichiは20%なので、そのような意味ではミンネさんは最も課金を少なく運営しているのです。

その10%の差が、ハンドメイド作家にすればビックリするほど大きいです。
じわじわといずれ100万円売り上げれば10万円。もし20%なら20万円。

さらにじわじわと、いつの日か1000万円売れば、その差は100万円違う。長期に渡って利用するサイトなわけで、経験が増えてより数を売れるようになればその10%の差が大きい。ここ、すごく大事なところですよね♪

自分の利益を増やしてもいいし、素材に投資したり、何か教室に通ったりとより有意義な活動が出来ます。そういうところも、初心者作家さんにも嬉しいところ。

初心者作家さんにすれば、作品価格を抑えめにしているもの。ミンネさんのこの気配りはとても大きい。
そこを大評価したいと思います。そして、ここは作家にとって実は大変大事なところです。
実際に僕の作家仲間も嬉しいニャーと言っております。どのサイトが良いか?という議論では必ずここに行き着きます。まさに胃袋をつかまれちゃってる感じです。

────────────────────────────────────────


★minne(ミンネ)で売れるには!?
まず、サイトに行ってみてください。
あ!私、このサイトの感じ好きよ!という方はそのまま登録しちゃっていいと思いますよ。

買い手となるお客様の層は、学生さん、若い主婦さん、まだまだ小さいお子様がいらっしゃる子育てママさんなど、生活の中のアクセントに、プロダクト品ではなく、minne(ミンネ)で見つけたカワイイ物など雰囲気がいいものをとり入れたい。そんな方でしょうか。というか、女子層。そんなお魚ちゃんがいっぱい泳いでるサイトなのです。釣り針にしかけるエサ(作品)は、どんなエサがいいか?

そう考えると分かりやすいと思います。女子層がパクンと食いついちゃう作品!(女子の皆さん、こんな例えですみません。テヘペロ)

そして、そのお客様の層が気軽にお小遣いで買える作品。それが売れ筋作品のポイントです。

気合を入れても入れなくてもオッケー。雰囲気が大事です。

さらに、少々高価な作品も売れるサイト。ちょっと贅沢もいいかな?というお買い上げも少なくはない。そこがミンネの凄いところです。五千円、一万円、それを越える作品でも。気合系作家も腕を振るってもいいです。お手軽作品、入魂作品、なんでもアリです。

ただし、もちろん価格は安めの方が売れるのは世の常みたいなもの。上手に価格帯も踏まえて作品を制作するべし。

空気を読むことも大事です。

(ミンネさんレビュー更新が遅れたお詫びに、初心者作家さん向けアドバイスページを作りました。http://mogura-no-mogu.blog.so-net.ne.jp/handmade-advice

まだまだ追記しますが、取り急ぎ公開しておきます。

考えるな。感じろ。とにかくサイトに行って、とことん感じるべき。

──────────────────────────────────────────


■その他のはなし
キレイ写真を撮ろう!なんて企画、ミンネさんではスマホのカメラを教材に選択しているわけですが、そんなところにもミンネさんらしさが出てますね。ママさん作家なら一眼レフとか買うにも少しハードルが上がってしまうし、何より準備が楽。データもそのままアップロードできるし時間も節約、例えば売れなかった時に事前準備が少ない方がモチベーションを失い辛くなるし、次々と新作を出品し易いし、スマホの性能は機種にはよるが概ね良好少しのコツでかなり綺麗に撮れる。しかも身近なアイテムだから商品(作品)撮影が上手くなれば、日常でのささやかな撮影も上手くなる。

施策の一つでも、ミンネさんらしさが溢れているし、常に、より多くの人をポジティブに巻き込んで行く。色々流石ですねー。

ミンネさんを利用しようと期待が大きくなってきましたか?でも、繰り返しになりますが、初心者作家さんは最初から売れるとは思わないで。
ある程度の経験というか、そんなものがある。それは続けていれば分かってくるものだからすぐに諦めないでね。焦らず焦らず。

───────────────────────────────────

以上ミンネさんのレビューでした。

───────────────────────────────────

東京発のサービスが全国区に強いとは限らない。そう実感するこの頃です。

ミンネさんに関するこんな記事があります。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1502/04/news160.html

───────────────────────────────────────

ちょっぴり休憩。僕の大好きなアーティストさん。(お金を貯めていつかYMCKさんに、もぐらのもぐのテーマを作ってもらうのが夢)



さて、休憩が終わったら先に進みましょう。


ミンネさんが、みんなのミンネなら、他のサイトはどんな感じ?

次に紹介するクリーマさんは洗練された印象。
このサイトも、まずはアクセスしてみてください。

利便性を追求する熱心さは業界一です。そして、買い手のお客様が多いサイトであり、ミンネ&クリーマは業界の二大サイトです。

頑張れば、才能があれば、クリーマは売れるサイト。

ミンネはあえて、超シンプル、超使い易さをめざし、Creema(クリーマ)は細やかに作り込まれた、正に対極にあるサイトです。

光るものを持ってるサイト。具体的に一点挙げると買い手さんからの感想コメント頂く率が一番高いサイトである事実。そういうところに気づくこと、手を打ってくる事。クリーマは敏感な方が揃っている証拠。常に何か進化している。

うまく表現できた。クリーマは敏感なサイト。色々敏感。

僕は今年はクリーマさんも推して行こうかなと思っています。どんどん良いところを見つけて追記していきます。

すごく現実的だけれども、そのブレない経営思想は、道を踏み外さない合理的なもの。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆Creema(クリーマ)

NEW★2014年 6月サイトリニューアル
2014.11.7 i OS リリース

au社との連携がはじまっているとの事で、その恩恵について情報収集中です。
買い手のお客様が増えている。クリーマのストロングポイントです。

★運営会社所在地 渋谷区

追記中

作家側のロマンを具現化したサイト。そんな風に噂されます。アート系とも。

洗練された印象のクリーマ。

ミンネは直感的に操作できるとか、分かりやすさにこだわり、細かな操作などは省く選択をしています。
クリーマは、よく研究し細々と気配りの行き届いた作り込みです。使いやすい。理路整然としています。

どちらが好きかはあなた次第です。

サイトのデザインが良いといわれますが、上辺だけではありません。サイトの隅々まで細かくよく研究されています。研究熱心。サイトの作り込みは業界ナンバーワンだと思います。間違いないです。

ミンネとクリーマはキャラクターが異なるが、それぞれが作家に必要な存在。


★Creema(クリーマ)を女子に例えるとこんなキャラクター!?

細やかな気遣いができて、超行動派。

キリっとした、しっかり娘。仕事が出来る女の子

彼氏(作家)の作品を世に届けようと今日も四方八方に奔走してくれている。

時にはイベント開催、時には大手企業にプレゼンして大きなチャンスをゲット。

彼氏(作家)の作品を売って得る仲介手数料がお仕事のクリーマちゃんは、彼氏(作家)と運命共同体。

そんなに儲かる商売じゃない。だから、クリーマちゃんは約束事を守ることに対しては、彼氏に対して厳しいけど、それはクリーマちゃんが一生懸命だから。だって浮気されてたら成り立たない関係。

細やかな性格なので常にサービスを見直してくれている。日々この仕事をよりよくしようと一生懸命。

そして‥‥ここが大事なポイント。

よりよい作品、価格がより高い作品も売れるように努力してくれている。よりよい作品、より高い作品が売れる事は現実として大切なこと。それは作家活動の未来に光を見ること。

情熱的な子。頼りになる子。

そして、着々と、売り方などを心得てきて、数年後が楽しみな成長著しい子。

それが、クリーマちゃん。


★Creema(クリーマ)の強み
有益であると思えば、迅速に行動に移してくる事。すなわちフットワークが軽い。
良いと思った事はビシビシと手を打ってくる。そのスピード感。そこもすごい。

それが実現できる環境・・・忌憚ない意見を言い合える関係の組織なのでは?
なんて考えております。もし正解なら、その組織を作ったトップはスゴイですね。


クリーマさんは、研究熱心。一生懸命。おお!これは頭いい!!さすがだ!という、企画、システムが多々。本当によく研究されています。

ガッツがある。挑戦心溢れる運営さん。

Creema(クリーマ)も「女子層シフト」に転じてきました。女子層に売れ!女子層を取り込め!ビシビシ手を打ってきています。iichiさんの後を追って急いで路線変更。

そもそも、ハンドメイドサイト業界は、テトテ、ミンネさんが女子層向けサイトでした。ある時テトテは初期イイチさんに憧れて?初期イイチさん風に路線変更。クリーマも初期イイチ風に。

ミンネさんも、一度、イイチ風に舵を切ったかに思われましたが、その後今の方向に歩んできました。今ではみんながミンネさん風に。そんな経緯があります。

クリーマストア(リアルショップ)の話ですが、素敵な女性スタッフさん達が揃っているとの事。印象がグッと向上ですね。クリーマさんの女性スタッフさんがステキという声はよく届きます。用事があった時にちょいと寄ってみようかな。わ~、やっぱり最後は「人」なんですね~。頼もしいです。お店も女性客さんで賑わっていたそうで。すごい!やる!


大型イベントで作家からそれなりの出店料金を徴収するが、まだまだ買い手の方が多いとはいえない状況だというお話です。カイゼンされていくのか?クリーマさん、お客さん増やしてね。絶対に出来るでしょう。

ミンネが怒涛の先行投資で引き離しに来ています。クリーマさんは当然に静観しない事でしょう。

iichiさんとバトっていた時とは違う攻め方になっていくわけで、ここからが本番。
どんな策を見せてくれるのか。めちゃめちゃ期待しています。

二大サイトの激しいバトルが、この業界をより高めます。僕はミンネさんもクリーマさんもどんどん応援していきます。

■どんな作品が売れる
※現在タイピング中
※さまざまな作品が売れています。まずは出品してみるべき。悩むのはそれから



この業界、面白くなってきましたね。

クリーマ運営さんはすごく頼りになる方々と思っています。

クリーマは本気。ビジネスへの熱い姿勢は共感するものがあります。

クリーマ運営さん、仕事仕事で家にまともに帰っていないでしょう。
そういうのがサイトから伝わってきます。年末年始はごゆっくり過ごして下さい。

本当にお疲れ様です。

◆勝手に思った事
日本の文化活動は不況に著しく弱い体質です。日本のハンドメイドサイト業界の大きな試練は、次の大きな不況なはず。それに備えておくべきかも。
すでに、クリーマさんの活動は、日本の文化活動の推進に役立つ存在になっていると思います。国との連携でガッチリと地盤を固めてくださればより安心。ぜひ、頑張ってください。

オランダなどの欧州圏では、文化活動に税金が投入される制度が豊富です。日本はそういうものが弱いです。ハンドメイドサイトは多くの人にとって有意義な場所。そんな場所が国にも支援されて当然だと僕は考えたり。

クリーマさんならきっと実現できるはず。そういうレベルで人脈がある人を幹部として招くのは一つの手段かな?飛び込みで実現できないものですからね。


────────────────────────────────────────

さて、次は広告代理店 博報堂グループ運営のサイトです。

およ?それはなぜに?

そう思いますよね?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※現在タイピング中。ちょいと今忙しいので、タイピング完了は4月になってから。現在ドラフトテキストです。

◆iichi(いいち)

運営所在地:鎌倉(鎌倉は手仕事文化の歴史もかなり古くから続く場所。渋いですね)

親会社の博報堂と人財の行き来があるという事で、他のハンドメイドサイトとは毛色が少し違います。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

iichi(いいち)、今は悩むべき時?

iichiさんは、現在、何をすべきか?模索中のようです。

成約手数料がどうのとか、どんなサイトか?細々とした事は他の方が語ってくれておりますので、僕はこの記事では、違う角度からご紹介させて頂きます。


そもそも、博報堂という広告代理店は利益も大事だけれども、文化とか主観も大事にした企業だと言われます。
電通というと、強引にでもとにかく売り上げを上げろ!そんな企業ですね。僕は実際に電通とは仕事をしたことがあるので噂話ではなくて知っております。

これは僕のイメージですが、博報堂に仕事を依頼するのと、電通に仕事を依頼するのでは、結果が全く異なります。その根本的な理由は、企業としての思想だと思います。

博報堂は渋い企業。

そんな博報堂が、いろいろな経緯があったようですが、日本の手仕事文化をより良いものにしようという事で、具体策として投資して始めたのがiichi(いいち)なのです。

この、ネーミングの時点で、博報堂らしさが現れています。テトテさんやミンネさんのように、キャッチーなネーミングのほうが有利です。そんな事は博報堂は百も承知でしょう。

でも、いい市、そんなイメージから、あくまでも自分達の伝えいこと、叶えたい事から名付けています。渋いです。

___________________________

そのような、大きな企業が、文化貢献の為などに行う事業をコーポレートコミュニケーションと呼びます。

ですから、博報堂のコーポレートコミュニケーションというのが、iichi(いいち)の正体なのです。

大きな企業にお勤めの方なら、コーポレートコミュニケーションのスタッフになる事は、大変な事だという事をご存じかと思います。
常に、親会社の行動規範、明文化されてないものが多いそれらのものを踏まえて活動していかなければならないのですが、博報堂ともなると、なかなか迂闊な事、軽快に飛ばすという事は出来ませんから、どうしても石橋を叩いて渡るような事になります。

そんなわけで、なかなか、ベンチャー企業のように軽快に飛ばして運営できないのだと思います。

編集中
_____________________________

iichiには、iichiを心から愛する方が少なからずいらっしゃいます。

しかし

僕のところでは、iichi vs クリーマでは、クリーマのほうが2〜10倍以上も作品へのアクセス数が違います。
また、以前はiichiでのお得意様と、クリーマ、ミンネで再会すること多々。人離れが心配です。

売れてこそハンドメイドサイト。その促進をもって文化貢献というそもそもの目的はぜひ、よろしくお願いします。

みんな期待しています。


では、次は老舗サイトのテトテさん。

────────────────────────────────────────────────────────


かつては、4大サイトが争っていた市場でした。

そこに加わっていたのがtetote(テトテ)。
しかし、一度は前線にいたわけで、認知度などはそれなりにあります。

売れる数や売れる作品の価格は低いけれども、でも、そんな静かな場所で活動するのが自分には合ってるなという作家さんには、tetote(テトテ)はお勧めです。

ミンネさんと比較すると、tetote(テトテ)がどうしていまいち垢抜けないのか?理由が分かるような気がします。おそらく足りないのは予算じゃないはず。頑張れ。

◆tetote(テトテ)
2014.08.17
ほぼ全文新規タイピング

2014.12.4のサイトリニューアルは12月末へ延期に

★tetote(テトテ)概要

tetote(テトテ)のポジティブポイント
テトテさんには、かわいい!とか、ほしい!ボタンがあります。実はあのボタン、すごい効果があるんです。
女子力高い方が企画されたのでしょう。

テトテさんでは、作家同士の交流が自然に始まります。実際に僕も、テトテの作家さんとの出会いから作品が生まれております。

どういう事か?

いきなり見知らぬ作家さんに声掛けってし辛いですよね?でも、かわいい!ボタンを押したり、押し返してくれたりして、さりげなくお近づきになれるのです。そして、「あ・・・あの!いつも見てくれてありがとうございます!」なんてメッセージ交換が始まり、さらに、作ってもらったり、ご依頼くださったり、作家同士の横の繋がりが生まれやすいのです。そこ、すごく素晴らしいです。

仲良くなった後に、お互いの作品を依頼しあう・・・。すごく気に入りますよね。僕はテトテ作家さんに作ってもらった作品をすごく気に入っているし、今も大事に大事しています。

他のサイトでは、ぜんぜん作家同士で横の繋がりってできないものです。テトテさんをメインに使っていた頃は作家仲間がふつうに増えていったものです。

あのボタン、そんな効果があるんですよ!


■tetoteさんを利用するのであれば空気を読むべき!
まず、tetote(テトテ)さんにアクセスして頂き、
トップページに入口のある、「最近売れた作品」ページにアクセスしてみてください。

数日に渡りチェックしてみてください。そこにある雰囲気の作品しか売れていきません。ハンドメイド作品ならどんな作品を出品してもOKですが、売れる作品は非常に限られています。

ピックアップ作品は、サイトのイメージが固定化しないように、様々な作品があるように陳列されていますが、売れていく作品は、そのような雰囲気です。

その、売れていく作品の雰囲気と、あなたの作る作品の世界がシンクロすれば出品する価値大。外れていればまず大爆死するかも。

また、tetote(テトテ)さんは広告で常に買い手のお客様を呼んでいるわけではないので、どうしても作品過多で、投げ売りバーゲン状態になりやすく、作品価格はなかなか上げる事ができないでしょう。最近売れたページでtetote(テトテ)での売れる作品の価格帯を読み、ちょっとな・・・と思うのであれば、長くは利用できないでしょう。ふつうはモチベーションを失うかと思います。

集客。大事なミッションです。そこが弱くなるとサイト内で売買のバランスが崩れるのは否めません。

ぜひ、売れる事を最優先でサイト運営をお願いしたいと思います。


以上でレビューを終わります。

★レビューを終えて★


以上、2015年12月の様子です。

この業界は勝ち組が固定した!と、市場の熟成が進むまでは、ちょこちょこと更新していきます。

僕はこんな事を考えています。
どのサイトさんでも、売れないなーと手を止めてしまった休眠作家の数が日々増えています。
要は作家の消耗を引き換えに運営しているという事。
どのサイトさんも、モチベーション維持に関して意識が低く、今後もその傾向は変わらないでしょう。

ユーザーの消耗を激しく伴うビジネスの未来がどうなるのか?僕は注目しています。

__________________________________

http://mogura-no-mogu.blog.so-net.ne.jp/for-beginner
オマケです

共通テーマ:パソコン・インターネット